芸能

いまや「愛されキャラ」出川哲朗の「ヤバいよ!」なロケ黒歴史を発掘!

 かつては“抱かれたくない男No.1”だったが、今では若者のゆるキャラ的存在。出川哲朗が絶好調だ。ダチョウ倶楽部・上島竜兵とともに、リアクション芸の道を開拓したのは、30年近くも前。53歳の今なお、その道を若手に譲るつもりはない。格言は、「鼻水はダイヤモンド」。なんともカッコいいではないか。お笑い芸人の取材をするフリーライターに話を聞いた。

「同期はウッチャンナンチャン。横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に通っていたころ、内村光良さん、南原清隆さんらと『劇団SHA・LA・LA』を旗揚げました。80年代後半、ウンナンと特番に出て、罰ゲームでジェットコースターに乗せられた時に見せたリアクションがおもしろくて、ダウンタウンの松本人志がスカウトしました。そのおよそ8年後、ノンアポの過激バラエティ『進め!電波少年』(日本テレビ系)の旅人に抜てき。“迷作”が多数生まれました」

 中でも一番インパクトがあったのはオーストラリア・シドニーでのロケ。ゲイバーでコンドームを無料で配るロケをすると、フルヌードに鎖だけを巻きつけたマッチョマンが現れ、もらったコンドームをその場で着けた。と、次の瞬間、店内の仲間に抑えつけられた出川を襲った。出川は「待って」の意味を込めて、「NO STOP!」と何度も叫んだ、ところがそれは、「やめないで!」の意味。ガチのゲイたちは、さらに発情したという。

「アメリカ・ロスでは、街角に立つ夜の女性を撲滅させるために街で声をかけて、自分のホテルで説教をするというロケをしました。2人目の時、白人女性がホテルから外部に電話をかけ、その数分後、部屋に屈強な黒人が押し入ってきて、出川さんは外に連れ出されています。およそ1時間後、ボロ雑巾のようになって戻ってきましたが、腰ヒモについていたカセットテープを聞き返すと、その白人女性は出川さんを警察だと思い、マフィアに密告していたことがわかりました」(前出・フリーライター)

“電波少年”から「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)へ大きくグレードアップした出川のロケ人生。これからも我々の想像をはるかに超える伝説を残してくれそうだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!