芸能

天才テリー伊藤対談「ジミー大西」(1)お客さんの意見に押しつぶされてて

●ゲスト:ジミー大西(じみー・おおにし) 1961年、大阪府生まれ。高校在学中からアルバイトで吉本興業(現よしもとクリエイティブ・エージェンシー)入り。休日や放課後に「なんば花月」の裏方を務める。高校卒業後、正式に吉本興業に所属。「ザ・ぼんち」のぼんちおさむに弟子入り。吉本新喜劇などを経て、明石家さんまの運転手を務めるようになり、「やってる、やってる」「お前もがんばれよ」などの一発ギャグでブレイク。「オレたちひょうきん族」「笑っていいとも!」(ともにフジテレビ系)など数々のバラエティ番組に出演。96年より画家に転身。岡本太郎にも認められるなど、国内外からも高い評価を得る。現在は再びバラエティ番組へ積極的に出演するなど、芸人としての活動を増やしている。

「やってる、やってる」などの一発ギャグや、天然ボケのキャラクターで人気のお笑いタレント、ジミー大西。絵の才能が高く評価されてからは画家をメインに活動中だが、その裏側は何かと大変。天才テリーに画家としての悩み、バラエティ復帰への不安などを打ち明けた!

テリー ジミーちゃんとは、もう30年以上のつきあいになるよね。

ジミー そうですね、特によく覚えてるのは「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」で。僕、あれで死にかけましたから(笑)。

テリー あっ、熱海のアップダウンクイズの時、いたんだっけ? それは無事で何よりだ。

ジミー よくそんなこと言えますね! 芸人みんなでバスごと海に沈められて、ダイバーの方が窓を破って助けてくれなかったら、みんな死んでましたよ。

テリー アハハハハ! そうなんだよ、あの日は海も時化ててね。あれで誰か死んでたら、俺たぶん逮捕されてたかも(笑)。まあ、今日はそんな話はしなくていいよ。

ジミー 人の生き死にの話なのに軽いなァ(笑)。

テリー こんな感じでつきあいは長いけど、絵に専念してからのジミーちゃんのことは、実はあんまり知らないんだよね。最近はまた芸人としての活動も目立っているけど、絵はやめたわけじゃないんでしょ?

ジミー はい、やめてはないんです。でも今、1枚描くのに3カ月から半年ぐらいかかるんです。

テリー そんなにかかるんだ? また、どうして?

ジミー 最初の頃はそこまでかからなかったんですけど、個展を開くとお客さんの生の声が聞こえてくるじゃないですか。前にトイレに入っていた時に、お客さん同士が「何かジミーちゃんの絵を見てると、目がチカチカしてくるよね」「同じタッチの絵ばっかりやね」みたいな話をしてるのを聞いてしまったことがあるんです。

テリー ああ~、批判的な意見が聞こえちゃったか。

ジミー だから、意識して「違ったものを描こう」とは思うんですけど、それがプレッシャーになってしまって、今ちょっとそれに押しつぶされてコケてる状態なんです。

テリー 絵に専念してどのぐらいだっけ?

ジミー もう、20年ぐらいです。

テリー もうそんなになるんだ、じゃあ立派なプロだもんね。それこそ最初の頃は「芸人の余技」というか、アマチュア感覚で楽しく描けたけど、やはり周りの期待に応えたいという気持ちが出てきた?

ジミー そうですね。描きたいものはいっぱいあるんですけど、自分が「よし」と思えるまでに時間がすごくかかるんです。ここにきて、やっぱり自分は絵を描くための基本がちゃんとできてないなと。

テリー それだけジミーちゃんが絵描きとして本物になったってことなのかな。だけどさ、たとえ半年で1枚しか描けなくても、1枚600万とかで売れたら余裕じゃない?

ジミー そんなに高く売れないですよ。今、10号サイズの絵が200万ぐらいですから。

テリー そうかぁ、じゃあ月40万くらいの計算か。てっきりジミーちゃんにはもう何億ものお金が入ってきていて、左うちわでウハウハなのかと思ってたよ。どの世界も、そんなに甘くないんだな。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?