事件

紳助VSたけし遺恨30年抗争!(1)

 島田紳助(55)が引退会見で公言した「てっぺんに登りました」との言葉に違和感を覚えた向きは多かろう。確かに紳助は、芸能界でトップグループにいた。しかし、ビートたけし(64)の上を行っていたかといえば、はなはだ疑問なのである。


 紳助の引退会見を受け、たけしは8月27日、レギュラー出演する「情報7daysニュースキャスター」(TBS系)でこうコメントした。
「俺は漫才ブームの時ぐらいしか紳助を知らないし、本当は全然わかんないんだよね」
 今からおよそ30年前、空前の漫才ブームがあった。
 80年に「THE MANZAI」(フジテレビ系)が始まり、幾多の人気コンビが生まれたのである。紳助は紳助・竜助として、たけしはツービートとしてスターの座に躍り出ると、81年スタートの「オレたちひょうきん族」で、その地位を不動のものとした。
 冒頭のたけしの発言は、それ以降の紳助の活躍について、上から目線で興味がなかったとでも言いたげに聞こえる。
 それでも、当時を知るお笑い番組の関係者はこう打ち明けた。
「漫才ブームが終わった頃から、たけしは『残るのは俺と紳助だけだろうな』と話していた。まるで現在までの状況を予見していたかのようです」
 つまり、たけしは紳助がピンでしゃべる才能について、以前から認めていたということだ。
 だが、この30年間、ともに看板番組を仕切る立場が多かったからか、共演して直接対峙するということは限られてきた。そのまま月日は流れ、紳助の引退にたけしがコメントをするという日が訪れたのだ。
 先の番組内でたけしは、自身がヤクザと接触せざるをえなくなった体験談を語った。 要約すると、ヤクザの大親分から面会を求められた。たけしは返事をはぐらかしたが、あまりに激しいラブコールに、断りきれなくなってしまう。会うことを決意するが、裏でコソコソ会っては大問題となる。そこで雑誌の対談という形にして、正々堂々、大親分と対面したというものだ。
「たけしさんは元来、ヤクザとのつきあいに積極的なタイプではない。だから飲食にしても、なるべくそうした接触がないような場所を選んでいるといいます。たとえ素性を隠して近づいてくるチンピラがいても、匂いを感じたらすぐに連絡を絶つそうです」(事務所関係者)
 裏でヤクザとの親交を深め、時にヤクザ組織の名前を口にして周囲を威嚇していた紳助とは考え方を異にしているようである。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
4
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃