芸能

黄金の「昭和テレビ時代劇」主役をオール直撃!(4)大信田礼子<「旅がらすくれないお仙」かみなりのお銀>

 主人公が2人で活躍する「バディムービー」は時代劇の世界にも多いが、女2人となると「旅がらすくれないお仙」(68~69年、NET系)が初。静の松山容子に対し、大信田礼子(68)が演じた「かみなりのお銀」は、動そのものだった。

 これが私にとって初めてのテレビ主演作でした。実はこの前年、東京でモデルデビューしていたけど、芸能界にあまり興味が持てず、京都の実家が火事になったこともあり、戻ってブラブラしていたんです。

 ある日、京都の撮影所を見学していたら、そこで「出ないか」と誘われたんです。その月給の額に母親が驚いて、すぐに決めなさいと。モデル時代が3万円だったのに、ここでは25万円と言われたんですよ。

 撮影が始まって、最初からミニの着物に男物の海パン、そしてナマ脚というスタイルではなかったんですよ。普通に長い着物だったけど、カメラアングルが下のほうに下のほうに‥‥めくれた瞬間を待っているんですね。

「だったら最初から短くしましょう」

 そしてあの衣装を私が提案したんです。羽二重のかつらも、他の女優さんがベンジン使ってはがすところを見ていたから、自分の髪をアップにしてやらせてくださいと言いました。

 共演の松山容子さんはすでに大スターでしたので、こちらから声をかけるなんて怖くてできません。撮影には母が付き添っていて、私は母とともに、いつも「結髪さん」に金魚のフンみたくくっついていたんです。あの世界は結髪さんや衣装さんの女性がとにかく厳しく、シーンが終わるたびに「何かヘンなとこはありませんか?」と聞くようにしていました。

 さて「かみなりのお銀」は、衣装が現代風だからアクションがやたら多かった。幸い、私は高校が器械体操部だったので、殺陣師の方と「この高さなら飛び降りれる?」と打ち合わせしながら、危険なシーンをこなしていましたね。

 番組は日曜夜8時からですが、視聴率も好調だったらしく、スタッフの方に「お銀ちゃん、大河ドラマを抜いたぞ!」って教えられました。当初は1クールの予定が、ちょうど1年、4クールになったのには驚きました。

 続編の「緋剣流れ星お蘭」(69年)は、松山から花園ひろみに主演が交代したが、大信田は人気を反映し、「かみなりのお銀」のまま続投。

 お銀を2年やりましたけど、降板したのはドクターストップです。あのナマ脚の衣装は冬でも同じで、山などの寒いロケ地では肌の感覚が完全に麻痺してしまった‥‥。大八車が私の脚の甲を通過した時、実はヒビが入ったのもわからないくらいでしたから。

 ただ、その後は「プレイガール」(東京12チャンネル系)などの現代ドラマ、映画でも「不良番長シリーズ」(東映)などがありましたが、結局はどれも「お銀」と同じような役だったかな。

 本当にイメージが変わったとしたら、スカートもミニじゃなく、アイドルっぽい歌い方になった「同棲時代」(73年)がヒットした時。大ヒットはしましたが、あのイメチェンにある方は「終わったね、礼子ちゃん。いつも長い髪をクルクルさせといてくれないと」ですって。大人は残酷だなって思いました(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆「先っちょ咥え込み写真」が“アレにしか見えない”大興奮の声!
2
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!
3
森香澄、エース狙いの肌見せ率とVライン/女子アナバスト勢力図(2)テレ東
4
工藤静香 ネットに手料理写真でアンチの怒り爆発
5
石原さとみ、「お団子ヘア」が発端で浮上した「脱毛に関する疑惑」