スポーツ

デムーロ&柴田善臣「暴力騎乗」事件(2)検量室に戻るやバケツを蹴った

 デムーロがエルボーを繰り出した約5時間後、新潟でも事件が起きた。

 新潟10R、芝1600メートルで行われた「古町特別」のゴール前は、8頭が横一線となる大激戦。その追い比べで、4着に入線した3番ナンヨーアミーコ(7番人気)に騎乗していた柴田善臣(51)が“暴力騎乗”で柴田大知(40)を激怒させたという。スポーツ紙記者が解説する。

「JRAの発表では『最後の直線で十分な間隔がないのに先行馬を追い抜いたことについて過怠金5万円』というのが善臣さんに対しての制裁でした。被害馬の6番ペルソナリテ(6番人気・11着)に騎乗していた大知は検量室に戻るや、近くに置いてあったバケツを蹴り飛ばすなど、怒りを爆発させていました。それぐらい体当たりが悪質だったということでしょう」

 JRAのパトロールビデオで確認すると、残り500メートルあたりから激しい攻防が始まった。後方で機をうかがっていた善臣が、大知の内側から一気に抜きにかかる。それに気づいた大知が、内を締めにかかっているようにも見えなくもないが‥‥。

「善臣さんとしては、わずかなすき間でも、あのタイミングを逃すわけにはいかなかったんでしょうね。馬体をぶつけながら強引に割り込んで、肩と肘まで使って進路を確保。2~3秒の激しい攻防の末、最後はペルソナリテが外側にふっ飛ばされてしまった」(前出・スポーツ紙記者)

 後日、当日の攻防について被害馬の馬主、ラフィアンのクラブ関係者は、「あれはラフプレーだろう」と話していたという。

 専門紙記者が明かす。

「かなりご立腹でしたね。『一番の問題は直線でスピードが乗っている場面ということ。パトロールビデオを見れば一目瞭然だけど、善臣が馬上から体を預けるような体勢で、まるでサッカーのショルダーチャージのような突き放し方をしているし、肘も当たっている。デムーロの肘打ちも悪質だけど、今回の過怠金5万円は甘すぎるでしょう』と、まくしたてていました」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
2
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!
3
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!