スポーツ

デムーロ&柴田善臣「暴力騎乗」事件(3)「善臣は悪くない」との声も…

 ただ、意外な反応を見せたのが、被害馬を預かる相沢厩舎の関係者だった。専門紙ベテラン記者が話す。

「そもそも、大知が前走、前々走に続いて、引っ掛かってしまった点をあげていた。つまり『相手はもう余力がない』と、抜きにかかった善臣の判断が通常で、大知が締めにいかなくてもよかったってことですよ。確かにマイネルの主戦ジョッキーを務める大知としては、簡単に内に入られるのは格好いいものじゃない。それに、今季の東西リーディングで24位と低迷している焦りも感じられます(昨年14位)。それだけに前半で折り合いを欠いたテクニックの甘さを見抜いているトレセン関係者からすれば、大知の抵抗が見苦しくも見えるわけです」

 一方の善臣にも、あのレースは強引にでも進路を確保したい理由があった。前出・ベテラン記者がこう続ける。

「実はあの馬、善臣が芝1600メートルへの初挑戦を提案していたんです。当然、結果が欲しい。それでレジェンドらしからぬ、強引な競馬になったんでしょう。ただ、もし大知が落馬して他の馬を巻き込んだりしていれば、そうした言い訳は通用しませんけどね」

 この夏、競馬ファンを騒然とさせた二大事件簿。どちらも内幕を追っていくと、被害馬、加害馬の双方から思わぬ言い分が聞こえてきた。また、暴力的な危険騎乗に対する制裁にしても、サークル内で異論があることも事実のようだ。関西のベテラン記者が話す。

「かつては鞭を利用した攻防があり、肘まで使うケースはマレでした。15年4月18日の12Rで、当時3年目だった菱田裕二(24)がゴール前の競り合いで武豊(48)に肘打ちし、降着処分を受けている。馬上の豊さんが体を起こしてアゼンとする姿が印象的でした。レース後、菱田が平謝りだったと記憶していますが、ネット上では『ヒジタに改名か』と揶揄されたものでした。ただ、この時は故意ではないと判断されてか、『注意義務を怠った』という理由で、同年1月の違反と合わせて騎乗停止処分となった。この件から見ても、今回のデムーロの行為は誰の目にも故意の確信犯と映る。かなり悪質なだけに、長期の騎乗停止でもおかしくなかったと思います」

 関西担当デスクもこう言うのだ。

「ラフで人望のないデムーロはともかく、善臣さんは背中を見て育ってきた関東の後輩騎手のためにも、引退まで模範であってほしいですね。西の同年代の豊さんや小牧太さんは、決してムチャはしませんからね」

 一つでも上の着順に──という気持ちはわかるが、今後は、馬券を握りしめるファンが納得するような好騎乗を期待したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!
2
中居正広と共演NG?日テレ市來玲奈、「金スマ」完全無視で視聴者から批判殺到!
3
挨拶をガン無視!野性爆弾・くっきーが殺したいほど嫌う芸能人とは?
4
キムタク次女がスポンサーから敬遠される意外な理由とは!?
5
乃木坂46齋藤飛鳥、どしゃ降りライブで飛び出したドS発言にファン大興奮