芸能

天才テリー伊藤対談「原田真二」(3)バラエティ志向の仕事に悩みました

テリー デビュー当時の曲は、松本隆さんの作詞だったじゃないですか。あれは実際のところ、どう思っていたんですか?

原田 やっぱり抵抗はありましたね。例えば「てぃーんず ぶるーす」は、もともと「君の世代へ」というタイトルで、僕が書いた若者の苦悩やメッセージを盛り込んだ歌詞があったんです。アレンジに関しても、当時ユーミン(松任谷由実)さんや、ティン・パン・アレーの皆さんのような一流ミュージシャンの方に入っていただいてるんですが、それでも納得できなくて。だから歌っても、ちょっと自分にフィットしない感じが残っているんですよ。

テリー 当然、作り手としては、そのまま世にぶつけたいんだものね。「てぃーんず」「キャンディ」なんて甘い言葉だと、伝わるものがまた全然違うんじゃないですか。

原田 ただ、いざ振り返ると、確かに当時は言葉がまだできあがってないというか、未熟だったことは間違いないんですけどね。

テリー それはそれでいいじゃない。18、19歳で完成した若者なんか、まず、いないんだからさ。

原田 ありがとうございます。「何としても、このチャンスを生かさなきゃ」みたいな思いもありましたから、最終的にそこは納得しました。

テリー そこまでの人気があったのに、しばらくするとテレビに出なくなったじゃないですか。それは原田さんの意思だったの?

原田 別にテレビに出ること自体がイヤだったわけじゃないんですけど、事務所の仕事の入れ方の方向性がバラエティ志向だったことも多く、苦しみました。

テリー あらら、そうだったんだ。

原田 すごくよく覚えているのが、「8時だョ!全員集合」をドタキャンしたことがありまして。

テリー それはまた、何でですか?

原田 「少年少女合唱隊」のコーナーで、台本に「てぃーんず ぶるーす」に振りを付けて歌うと書いてあったらしいんです。それを少し行きすぎと感じたんでしょうか、マネージャーが「ちょっと交渉してくる」とどこかへ行ったかと思ったら、いきなり怒って帰ってきて、「真二、今日は帰るぞ」って言われたんです。それでも気になって、家で番組を観ていたら、いかりや長介さんが「今日は帰っちゃったヤツがいるぞ」みたいなことを言っていまして(苦笑)、すごくヒヤヒヤしましたね。

テリー うわ~、それは怖いな。

原田 そのあと、自分の事務所を立ち上げてからは、ずっとコンサートやレコーディングを中心として活動しています。

テリー それがもともとやりたかったことですもんね。

原田 そうですね。でも、40年もの間ずっと自分が活動できたのも、最初のアイドル的な展開があってこそなのは間違いないですから。その意味でも、当時関わってくださった皆さんには感謝しかありません。

テリー その間には、松田聖子さんとの噂も。原田さんの存在をクローズアップさせる機会となってしまいましたけど‥‥。

原田 ああ、ありましたね(苦笑)。本当にまったくでたらめな話ですし、聖子さんや家族にも迷惑をかけちゃいました。ちょうど9.11の大惨事が起こった頃で、僕自身、その出来事に大きなショックを受けていた最中に起こった騒動で、当時は本当に傷つきましたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
品川の二の舞に?友近に「パワハラ報道」噴出で「テレビから干される」危機!
2
特によしこが心配!?「24時間テレビ」チャリティマラソンにあがった“猛批判”
3
縦スジも見えた!?フジ久慈暁子、走り高跳びに挑戦で注目された魅惑のヒップ
4
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
5
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?