芸能

あの美女たちの「まさかの艶シーン」大全(4)<文化人・政治家にも!>西川史子はあのドラマで…

 男たるもの、クールな表情をした麗女にこそ「本能剥き出し」の姿を見てみたい。あの文化人や政治家は、ベッドの上でどんな悶え方をするのだろうか‥‥。

 マラソンの元日本代表というより、今や「ひよっこ」(NHK)のナレーションも担当するほどマルチな才能を誇る増田明美(53)。その転機となったのが、主演で芸能界デビューを飾った「ブスでごめんね!」(94年、日本テレビ系)だった。

 ここで増田は、夫役のトミーズ雅と、新婚初夜を迎える場面でベッドシーンを演じている。単発の2時間ドラマゆえ資料もほとんど残っていないが、当時、五輪経験者の大胆シーンということで、二人のシーツにくるまった写真を番組PRで多用している。

 さて現在、政治家の不倫問題が取りざたされているが、役で演じたベッドシーンなら問題はないはず。自民党の三原じゅん子(52)が80年代の人気アイドルだったことは有名だが、一度だけファックシーンを演じたことは意外に知られていない。

 それは「嵯峨野の宿」(87年、日活)という主演作で、不倫相手や若い恋人との全裸カラミはもちろん、レイプされるシーンまである。残念ながらバストトップだけはガードしていたが、かなり官能度の高い作品であった。

 昨年、大阪維新の会から参院選に出馬し、初当選を決めた石井苗子(63)は、知的キャスターとして活躍。伊丹十三監督に出演を直訴された「あげまん」(90年、東宝)が女優デビュー作だったが、エロスそのものの芸者役が話題となった。

 民進党所属の元衆議院議員で、現在はタレント活動も行う田中美絵子(41)は、別の意味で“多彩な経歴”を誇る。雑誌の風俗ルポだけでなく、女優としても映画に出演していた。

 それが週刊アサヒ芸能2017年9月21日号のグラビアでも特集している鬼才・石井輝男の遺作「盲獣vs一寸法師」(04年、スローラーナー)で、田中はここでバストが全開になるショットを披露。わずかな瞬間ではあったが、色白の形のいい乳房が、初当選と同時に「発掘」されることになる。

 さて、本業が形成外科医である西川史子(46)は、タレント活動にも精力的。ついには、あの「特命係長只野仁 最後の劇場版」(08年、松竹)にも出演。

 失礼ながら、控えめなAカップ乳ではあるが、只野仁こと高橋克典との「騎乗位ベッドシーン」では、本気で髪を振り乱す熱演。

「あああっ‥‥あなたってすごい!」

 まさに絶叫である。高橋がバラの花を西川センセイの秘所に見立て、フッと息をかけると、腰から崩れ落ちるほどの女優ぶり。

「3年分いただいた感じ。おいしかった~っ」

 撮影後の高橋の肉体に向けたリアルな感想である。

 西川と同じくワイドショーの常連である作家・室井佑月(47)は、ホステスやレースクイーンなどを経験している。そして作家としてデビューした直後の99年、ピンク映画の巨匠・若松孝二監督作「飛ぶは天国もぐるが地獄」(若松プロ)に出演。カラミはないが、上半身がヌードになる場面で、かなり重量感のある色白バストを披露した。

 映画コメンテーターからバラエティにも進出したLiLiCo(46)は、無名時代に「82分署」(95年、ビジョンスギモト)に出演。フルヌードで男とキスをし、ゆっくりとしゃがんで激しくフェラ。そして乳首まる出しのままの騎乗位で激しく腰を動かす‥‥。ダイナミックな肉体は、一見の価値アリだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!