芸能

「月曜から夜ふかし」コミケ特集が大ウケ!真木よう子のケースとの違いとは?

 9月11日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)が同人誌頒布会の「コミケ」を特集し、コミケ民から絶賛されているという。同番組では昨年も夏のコミケを取材しており、2年連続で番組に登場したコミケ参加者もいたほどだ。

 そのコミケを巡っては先日、女優の真木よう子が自身のフォトマガジンをコミケで販売するとブチあげ、大炎上したばかり。クラウドファンディングで制作資金を集めたり、コミケに関する知識がないことが露呈するなど、最初から炎上必至の案件だったのは間違いない。それに対して同様に芸能界側からのアプローチにも関わらず、なぜ「月曜から夜ふかし」のコミケ特集は炎上しないのか。コミケに詳しいエンタメ系ライターが指摘する。

「確かに『夜ふかし』の特集はコミケを面白おかしく扱っているようにも見えますが、よく見ると端々にコミケに対するリスペクトが見え隠れしています。BGMにはアニメ『ラブライブ!』の第1期オープニングテーマ『僕らは今のなかで』(μ’s)や、男性声優ユニット『GRANRODEO』の楽曲が流され、その選曲がツボにハマったコミケ民が続出。“島中”や“壁サークル”などのコミケ用語もキチンと紹介されており、単に興味本位で取材しているわけではないことが分かりました」

 それらの取材内容に加えて、同番組MCのマツコ・デラックスによるトークも、コミケファンには好意的に受け止められたという。

「毒舌で知られるマツコですが、特集で取り上げられたコミケ参加者を変わり者扱いするような発言はなく、あくまで『巨大イベントで見つけた面白人物』というフラットな切り口で盛り上げていました。この手の番組ではアニメオタクの外見や行動を笑いものにすることが多く、それがコミケ民の怒りを買うのですが、マツコはあくまで個人の資質に着目して笑いに転化。その目線は参加者自身とあまり変わらないので、コミケ民にも好意的に受け止められるというわけです」(前出・エンタメ系ライター)

 マツコのようにコミケを楽しむのか、それとも真木のようにコミケを利用するのか。その違いが当のコミケ民にとっては天と地ほどの差になっていたようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス