芸能

「ドクターX」遠藤憲一が米倉涼子より怖がる猛妻の素顔!

 10月12日からいよいよ始まる「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)。天才的な腕を持ちながら組織に属さないスーパー外科医・大門未知子(米倉涼子)が活躍する大人気医療ドラマだが、ここに登場するのが、“エンケン”こと遠藤憲一だ。

「下には強くあたり、目上の者には媚びへつらうという底意地の悪い医師・海老名敬を演じています。西田敏行と同様、シリーズには欠かせない人物ですが、今回も、大門と激突するシーンが多く見られるのではないでしょうか」(芸能ライター)

 米倉からは現場で「ケンイチ」と呼ばれ、イジられているという遠藤。だが彼には、そんなスーパー外科医より怖い存在がいる。それが夫人だという。

「元タレントの奥様は1990年に遠藤と結婚。以来27年間、連れ添ってきました。もともとは専業主婦でしたが、彼の3年間にわたる説得で10年前に彼のマネージャーに就任。どんなドラマに出るべきかなど仕事に関しては奥様に一任しているみたいですから、現在の活躍があるのは間違いなく奥様のおかげでしょうね」(前出・芸能ライター)

 だが、そんな奥様はかなりの“猛妻”だともっぱらの評判だ。

「これもひとえに、遠藤が少々だらしないがゆえなのでしょうが、とにかく怒りやすいというのです。例えば遠藤が、ドラマでテーブルにヒジをついていたら、本番が始まる前に猛ダッシュで駆け寄ってきて『ヒジ!』と、そのヒジを手で払いのけたというのです。演技についての細かいダメ出しをするばかりではなく、彼に連れられて行きつけのイタリアレストランに行った時も、『同じ店の同じ料理を食べるのはイヤなの』と突然機嫌が悪くなり、ビールを猛スピードで流し込み、頼んだ料理も、ものすごい勢いで食べ切ったそうです。これも、遠藤が無理やり誘ったというのと、珍しく店内が混んでいたことで“スイッチ”が入ってしまったみたいですね」(前出・芸能ライター)

 それでも、「おれの演出家は女房」と言ってはばからないという遠藤。どんな難手術を成功させてきた大門未知子より、彼にとっては頼れる存在なのかもしれない。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」