スポーツ

天才テリー伊藤対談「槙原寛己」(4)大谷はメジャーでどう変わりますか

テリー そうすると、やはり今後のメジャーは、大谷(翔平)に期待ですか。

槙原 最終兵器が行きますから大変ですよ(笑)。彼は何かやってくれそうですけどね。

テリー バッターとピッチャー、どっちでいくんでしょう。実際問題、メジャーでは、昨日投げた選手に「じゃあお前、明日は5番な」みたいなオーダー、組めるんですか?

槙原 う~ん、どうでしょうか。でも僕は、生活環境を考えても、彼はナショナル・リーグの西海岸寄りのチームが合うのかなと思います。ピッチャーをやりながら、打席に立つのがいちばん無難かな、と。

テリー とはいえ、彼はホームランバッターではないですよね?

槙原 年間30本も打つという感じではないです。松井だって日本では50本打っても、向こうでは16本ですから。

テリー なら、大谷は打って10本いくかどうか。

槙原 そうですね。ただ、向こうからすると、彼の「若さ」と「伸びしろ」がすごく魅力なんだと思いますけどね。まだ23歳ですから。あと、メジャーで活躍することが、今後、彼にとっての糧になるとも思いますから。

テリー 例えば、どういうところですか?

槙原 大谷はまだキャリアが浅いから、全ての球を全力で投げているんですよ。出ればお客さんからスピードを求められますし、160キロが出て球場が沸けば、本人もうれしいですから。

テリー 周りの期待に応えたいでしょうからね。

槙原 ただ結局、何が大事かといえば、試合に勝つことであって、ここぞというところでキッチリと力を出せばいいわけです。早い話が、ランナーなんか出しちゃっても、気にしなくていいんですよ。

テリー ああ、なるほど。

槙原 江川さんなんて、23歳ぐらいから手を抜いて投げてますから(笑)。そう言っちゃうと語弊がありますけど、例えば、ランナーが二塁に行くと、そこで力を入れるわけですよ。大谷も今、そのジレンマがあるんじゃないかな、と思うんです。

テリー 確かに、メジャーでは160キロ出せる投手はけっこういますからね。

槙原 だから、僕はメジャー行きが、彼にとっていい転機にはなると思います。

テリー ちなみに、清宮はもうポスティングでのメジャー行きを意識しているわけですが、そのあたりは?

槙原 今はプロに入る前だから、そんなことが言えると思うんですよ。プロに入って1年目にまったく打てなかったり、2軍戦に出ることになったら「俺、なんであんなこと言っちゃったんだろう」と後悔すると思います。行きたければ、結果を出してから行けばいい。まあ、ポスティングを励みに頑張れるのならいいですけど、プロはそんなに甘くないですよ。

テリー 張本(勲)さんも、あるテレビ番組で、清宮が「王さんの記録を破る」と言ったことに対して「プロで1本も打ってないのによく言えるな」って怒っていましたけど(笑)。

槙原 言葉そのままの意味ではなくて、自分の学校の先輩だから、目標にしたいということなんでしょうけどね。でも、そういう話題が出るだけでも、大物感があっていいんじゃないでしょうか。これからも、球界を騒がせる存在になるといいですね。

テリー しかし、何か今シーズンが終わったようなまとめになっていますけど、まだまだCS、日本シリーズと続いていきますから。

槙原 先がまったく読めないですよね(苦笑)。でも、それがまた野球の実におもしろいところなんです。

◆テリーからひと言

 これからのCS、日本シリーズも楽しみだけど、やっぱり気になるのはドラフトだよなァ(笑)。清宮にはぜひ巨人に来てほしいけど、さあ、どうなるやら!?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」