政治

小池百合子「泥縄ハリボテ」のいざこざ実態(1)「三都物語」の連携も崩壊

 運命の22日に向けて衆院選はいよいよ終盤戦に突入した。「安倍一強」のリセットを掲げて大躍進が期待された希望の党だが、失速ムードは否めない。小池百合子代表の出馬見送り、急ごしらえの公約、駆け込み候補者たちのトホホ素顔‥‥。“失望”にまみれた「泥縄ハリボテ」新党の実態が明らかに──。

「今回の総選挙で8%の消費税を10%に上げる、その使いみちを変えていくと言っていたけど、そんな『ショボい』話では、日本は間に合わないんですよ!」

 衆院選が公示された10月10日、希望の党の小池百合子代表(65)=東京都知事=が「第一声」の場所に選んだのは、衆議院議員時代の地盤で知られるJR池袋駅(東京都豊島区)。集まった聴衆の前で声高に安倍批判を繰り返した。が、7月の都議選で“旋風”を起こした時とは明らかな変化が見られている。希望の党関係者はこう話す。

「以前なら、都内で街頭演説をすれば聴衆で埋め尽くされたのに、今回は素通りする人や背中を向けている人が目立ちます。特に支持層である主婦の集まりが悪く、熱気が消えてしまったようで‥‥」

「安倍一強政治」を変えることを旗印に掲げ、政権批判票の受け皿になるため、9月25日に立ち上げた希望の党。すぐさま最大野党の民進党を飲み込んで勢力を拡大したまでは想定内だったが、小池氏の不用意な発言で風向きはガラリと変わる。同29日の会見で、民進党のリベラル派に対し、言下に、

「排除いたします」

 この宣言に怒り心頭に発した枝野幸男氏(53)は立憲民主党を結成。衆院選は3極が争う構図になり、「希望の党はイメージ悪化で失速している」(前出・希望の党関係者)状況に陥ってしまったのだ。

 NHKが10月10日に発表した支持率の世論調査では、自民党の31.2%に対して希望の党は4.8%と窮地に追い込まれていた。それでも小池氏は強気な姿勢を崩さない。

「11日に盛岡や仙台など東北を中心に遊説したあと、都内の選対本部で、世論調査で苦戦していることを質問されると、『始まったばかりだから、こんなものはアテにならない。最初からイケイケよりいいでしょ』と笑顔を見せていました」(政治部記者)

 劣勢を招いたのはやはり準備不足だろう。第1次公認をした原口一博元総務相(58)が公認辞退して無所属で出馬するなど、公認候補者擁立に苦戦。結局、集められたのは過半数を2人上回る235人までだった。比例代表の名簿発表では、順位を含めて公示当日にずれ込むドタバタぶり。前出の希望の党関係者は声を潜めてこう話す。

「早い段階で名簿順位を知らせると、順位が低い候補者から出馬辞退が起きるのを恐れていた」

 衆院選に向けて、大阪府の松井一郎知事(53)、愛知県の大村秀章知事(57)と共通政策をまとめ、「三都物語」としてスクラムを組んだまではよかったが、

「特定の政党の応援は控える」

 大村氏がこう発言したことで、わずか11日間で崩壊。ここでもまた、希望の党は大きな後ろ盾を失ってしまったのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ