スポーツ

元若嶋津「深刻病状」と高田みづえ「芸能界復帰」急転(2)「私はピアノ」を番組で解禁

 二所ノ関親方の回復を誰よりも祈っているのが、妻の高田みづえ(57)だろう。

「以前から、部屋の周辺で仲よくジョギングするなど、おしどり夫婦として知られていました。親方が倒れてからは、付きっきりで寄り添い続けています」(ワイドショースタッフ)

 メディアの注目が高田に集まるのも、「元歌手」という肩書があるからだ。

 高田は「硝子坂」でデビューした77年にNHK紅白歌合戦に出場し、人気は全国区に。若嶋津(当時)と婚約して引退を発表したのは85年で、当時まだ24歳だった。芸能レポーターの石川敏男氏が振り返る。

「何しろデビューから8年間で7回も紅白に出場していましたからね。結婚に反対する声は大きかったけど、高田の覚悟ある決断に周囲が折れた形です。披露宴はテレビで生中継され、松田聖子・神田正輝夫妻に次ぐ、2組目の“披露宴中継カップル”となりました」

 87年7月に若嶋津が引退してからは、相撲部屋のおかみさんとしての仕事に専念する。

「弟子の教育に一生懸命で、とにかく礼儀作法には厳しいようです。また、糖尿病を患っていた親方の食事にも気を配るなど、まさに良妻賢母ですね」(二所ノ関部屋関係者)

 メディアに登場する機会はなくなったが、歌を捨てたわけではなかった。後援者を招いたパーティーでは、往年のヒット曲で場を盛り上げた。

「リクエストされれば『硝子坂』を歌うことも。実は芸能界をやめる時に悩んだこともあって、結婚のために8年で引退したものの、本当は芸能活動を10年間は続ける予定だったそうです。そして一度は演歌を歌ってみたかった、とも。ちなみに大ヒットした『私はピアノ』はキーを合わせるのが難しいようで、一度も聴いたことがありません」(前出・部屋関係者)

 15年には「第47回思い出のメロディー」(NHK)で、30年ぶりに歌番組への出演を果たす。復活のステージでは封印していた「私はピアノ」を観衆の前で歌い上げた。

「オファーが来てから相当練習したのか、現役の時と変わらない、透き通った歌声で観客を魅了しました。ブランクはまったく感じませんでした」(音楽関係者)

 この衰えない美声に色めきたったのがレコード業界だ。

「昭和リバイバルブームによる歌謡曲人気や、今年は歌手デビューから40年の節目とあって、大手レコード会社の関係者から、“再デビュー”を持ちかけられていました。本人は相撲部屋の仕事も考慮して、『チャンスがあれば‥‥』と答えていたとか。もちろん、親方が倒れる前のことです」(前出・音楽関係者)

 夫の予期せぬ入院で芸能界復帰は急転を余儀なくされたが、病状が回復した際には「再デビュー」のニュースを聞きたいものである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
W杯直前にフジテレビがまたしても“非国民的”失態やらかしネット大荒れ!
2
キムタク新ドラマ「星降るレストラン」の役柄に世間は「もう飽きた」の声
3
「レッドカードな女」の即刻退場バトル(2)満島ひかりがクドカン舞台を降板した理由
4
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
5
西野ジャパン「本田は消えてくれ」クーデターの全容をキャッチ!