特集

九州場所「待ったなし」で気になる4横綱が抱える“禁秘バクダン”

Sponsored

 いよいよ目前に迫った九州場所。3横綱が休場した次の場所とあって、「強い横綱が見たい」というファンの願いは募るばかりだ。今回、そろい踏みでの出場が期待される横綱たちの仕上がり具合をリサーチすると…。

 まずは19年ぶりの日本人横綱として期待された稀勢の里(31)。これまでの3場所は、2場所連続で途中休場し、先場所は全休場となった。巻き返しに期待したいところだが、

「巡業の前半こそ仕上がりの良さが伝わってきましたが、後半はちゃんとした稽古ができていない。四股やスクワットなど相撲を取らない稽古ばかり。左上腕の状態がよほどよくないのでしょうか。この状態だと、場所前に休場を発表する可能性もゼロではありません」(相撲関係者)

 秋場所で優勝した日馬富士(33)も盤石とはいかないようだ。

「全身に疲労が溜まり、巡業では稽古らしい稽古ができていません。本人には『次の初場所で…』という気持ちがあるかもしれません」(前出・相撲関係者)

 崖っぷちの戦いを強いられるのが鶴竜(32)だ。今年は春場所をのぞいて、すべての場所で休場している。師匠の井筒親方は報道陣を前に、

「次に土俵に上がっても勝てなければ、潔く決断しなければならない」

 と引退を示唆し、当の鶴竜も悲壮な覚悟で稽古に臨んでいた。

「今場所では『進退をかける』と意気込んでいるとおり、状態は万全。体の張りも動きも綱取りの全盛期と遜色ありません」(前出・相撲関係者)

 4横綱の中で最も優勝に近いと言われているのが、歴代最多優勝の記録を持つ白鵬(32)だ。白鵬といえば、全休した秋場所中に「断食」を敢行したことで話題を集めた。

 「痛みを抱える左ヒザへの負担を軽くすることと、体内の毒素を抜く、いわゆるデトックス効果が目的と言われています。この絶食で、10キロも体重を落としましたが、後半から参加した巡業での様子を見る限り、体の張りは戻っています」(前出・相撲関係者)

 11月7日発売の「週刊アサヒ芸能」は、4横綱の最新動向を徹底取材。深刻なケガの具合から若手力士との“因縁”まで、土俵の熱戦を盛り上げる禁秘ネタを「待ったなし」で大公開している。

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?