スポーツ

プロ野球2017「ワーストナイン」表彰式<これが「絶望ナインだ」>(2)WBCで活躍した巨人・小林誠司は…

 スラッガーの定位置である一塁と三塁には、巨人の二大ベテラン、阿部慎之助(38)と村田修一(36)が収まった。

「阿部は巨人が勝つ時には打っているから目立たないけれども、2割6分の15本という数字で4番を務める以上、チームがBクラスなのも当然。この打率なら最低30本打ってもらわないと周りがキツい」(広澤氏)

 また、同じ「巨人の4番」の経験者としても、愛ある檄を飛ばす。

「彼らの“センターオーバーのシングルヒット”を東京ドームで何度か見ました。2人だけじゃなくジャイアンツの選手全般に言えることですが、練習不足だと思います。ケガを防ぐ名目で全力疾走を抑えているのかもしれませんが、走り込みしないとよけいにケガしやすくなるわけで、本末転倒だと思うのですが‥‥」

 かつての球界きっての長距離砲コンビも、本塁打価格はそろって1本1500万円以上。いくら金満球団といえども2人の高額給与は荷が重すぎたのか、村田は自由契約となった。

 外野に目を向けると“5タコ王”にもランク入りの長野久義(32)、無謀なヘッドスライディングで戦線離脱した中日のチームリーダー、平田良介(29)の姿が。そしてセンターでは、本来は内野手である西岡剛(33)が異彩を放っていた。

「アキレス腱断裂からの復帰後、『どこでもやります』と外野コンバートを直訴したのですが、実際に守らせたら、7月20日の広島との首位攻防戦など、大事な試合でエラーを連発。守るところがないんです」(スポーツ紙記者)

 全盛期に比べて年俸も減ったが、今季21安打の体たらくではワーストナイン入りもやむなしだろう。

 扇の要たる捕手は、満場一致で巨人の小林誠司(28)に決定。今春のWBCで大活躍し、G党の期待も高まったが、蓋を開ければ規定打席到達者の中で最低の打率2割6厘を記録した。

「近代野球では、下位打線の重要度が増している。特に指名打者のいないセでは、捕手が打てないと8番、9番で打線が完全に分断されてしまう。肩の強さはすばらしいが、今のままではダメ」(前出・広澤氏)

 肝心のインサイドワークについても、まだまだもの足りなさが残るという。

「捕手は、エース級でない投手をどこまでうまくリードできるかが肝心。巨人は菅野智之(28)、マイコラス(29)、田口麗斗(22)の三本柱で貯金が25もあるのに、他の投手の負けでそれを食いつぶしています」(前出・広澤氏)

 来季のAクラス復帰は小林のリードにかかっているようだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
2
佐藤健もクギ付け!?綾瀬はるかの激ヤバ“胸揺れ”シーンに期待の声
3
「おい!フジテレビ」指原莉乃、AKB48選抜総選挙スピーチ中のCM寸断に苦言
4
食パン一斤一気食いも?木南晴夏、玉木宏と電撃結婚で懸念される異常パン愛!
5
「おっさんずラブ」田中圭に心配される吉岡里帆“Eカップの誘惑”