芸能

テリー伊藤対談「村野武範」(1)女房が陽子線治療を見つけてくれた

●ゲスト:村野武範(むらの・たけのり)1945年、東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。劇団文学座出身。69年、NHKドラマ「走れ玩具」にて主演デビュー。71年、映画「八月の濡れた砂」(藤田敏八監督)に出演し、脚光を浴びる。72年、学園ドラマ「飛び出せ! 青春」(日本テレビ系)の熱血教師・河野武役で人気を不動に。ドラマの挿入歌「ひとつの地球に生まれて」「青春はどこに」で、歌手としてもデビュー。以降、多くの映画、テレビドラマ、バラエティ番組、CMなどに出演し、活躍の場を広げる。88年には「くいしん坊! 万才」(フジテレビ系)の7代目くいしん坊(レポーター)を務めた。現在も俳優業を中心に活躍中。今年9月に、39年ぶりのシングル「ハマナス/愛を下さい」(日本エンカフォン)を発売。

「八月の濡れた砂」「飛び出せ! 青春」などの青春スターとしてブレイク後、映画、ドラマ、バラエティなどで活躍する俳優・村野武範。大ファンを自任する天才テリーは、久々のソロシングル発売から、話題となったステージ4のガンからの生還まで、たっぷり話を聞き出した!

テリー 僕、村野さんのことは昔から大好きで、今日は家を出る前に、「一番好きな俳優さんと会う」って日記に書いてきたんです。

村野 ええっ!? それはうれしいなァ。僕こそテリーさんには昔からお世話になっていてね。最初にお会いしたのは、確かテリーさんが演出されたものまね番組でね、無理やり僕もやらされて「ひどい演出家だな」と思いましたよ(笑)。

テリー アハハハハ! こんな元気そうな村野さんが、ガンで余命宣告までされていたっていう話を聞いて、もうビックリしましたよ。

村野 ええ、中咽頭ガンだったんですよ。おかげさまで、もう治りましたけど。

テリー どういうことからガンが発覚したんですか?

村野 2年前の春、ノドのあたりに小豆大の出っ張りができたんですよ。近くの病院に行ったら「風邪です」と言われたけど、それにしてはおかしいと思って、別の病院に行ったら「これは精密検査を受けたほうがいいですよ」と。

テリー あらら。

村野 検査の結果、「ステージ4です」って言われちゃったんですよ。

テリー それって、もう末期じゃないですか!

村野 そうなんですよ、舌根にガンがあって、すでに3カ所に転移していました。しかも、「余命はどのくらいですか?」と聞いたところ、「聞かないほうがいいですよ」と。

テリー じゃあ、ガンを宣告されて、いったん、家に帰ったわけですね。その夜は、どんな気分で過ごされたんですか?

村野 その時はまだ痛みも何もないから、実感がなくてグーグー寝ちゃった(笑)。でも、放射線や抗ガン剤治療をすると、逆に体がどんどん悪くなっちゃうんじゃないか、なんて心配はしましたね。しかたがないので、先生の言うとおり入院の手続きを済ませた日の夜、女房が寝ている僕を起こして「別の病院へ行きましょう」と。

テリー それは、なんで?

村野 病気が発覚してから、女房がいろいろインターネットで調べてくれて、先進医療の陽子線治療というのがあることを知ったんですね。治療困難と言われる部位でも、条件が合えば治療が進められて、ステージ4の人でも完治した方がいらっしゃる、ということでした。どうせなら余命を延ばすのではなく、治るのならそれに賭けてみたい。だから先生に頭を下げて、女房が見つけてくれた病院のほうへ転院することにしたんです。

テリー それは勇気のいる決断でしたね。

村野 新しい病院で診療してもらった結果、「大丈夫です、うちで(治療)できます」と言われましてね、いやあ、その時は本当にホッとしました。

テリー ちなみに村野さん、がん保険には入っていたんですか?

村野 ええ、終身がん保険に入っていたし、先進医療特約もつけていたので、実費だけで済みました。テリーさんも入ったほうがいいですよ、僕みたいに、もしものことがあるかもしれませんから

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アキラ100%よりヤバい?「嫌いな芸人」ランキングでガチにアウトな芸人とは
2
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
3
綾瀬はるか主演の新ドラマに囁かれる「まるで艶系動画」の“匂い”!
4
半同棲に発展!?ワンオクTaka、芸能界最強ボディの浅田舞と結婚の可能性
5
渦中の若妻が衝撃告白!“紀州のドン・ファン”は「機能しなくなっていた」