スポーツ

羽生結弦に続きメドベージェワが!平昌五輪金メダル候補「受難」の波紋

 向かうところ敵なしの活躍を続けるフィギュアスケートの世界女王、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手。来たる平昌五輪でも金メダル候補の1人として名前があがっていたが、11月21日にロシアスケート連盟はメドベージェワ選手が右足甲の骨のひびによる負傷を負っていると発表した。

「10月中旬に足の故障があり、それをケアしながら試合に臨んできていたのですが、先のNHK杯では優勝をしたもののフリースタイルで珍しくジャンプで転倒するなど精彩を欠き、ケガをしていることが広まっていた矢先でした。試合後に精密検査をして骨のひびが確認され、今はギプスをはめて固定している状態だそうです。連盟としては平昌五輪に万全を期して、出場が決まっているGPファイナルの欠場も視野に入れて検討しているようですが、メドベージェワ選手本人は『今までケガで試合を休んだことはない』と強行出場を希望しているようで、今後の展開が注目されます」(スポーツライター)

 男子の金メダル候補・羽生結弦選手に続きメドベージェワ選手もケガをしてしまうとは、今年のGPファイナルは異例の展開になりそうだ。メドベージェワ選手が欠場となれば、ファイナル進出未定の樋口新葉選手に出場の可能性が出てくる。日本にとっては、有利な展開だが…。

「国際スケート連盟としては、平昌五輪後に4回転ジャンプをはじめとした体に故障を起こしやすい技術の高得点化の見直しを図っていきたいという考えがあり、採点方式が大幅に変わる予定です。タラソワコーチを筆頭に反対を表明する人たちもいますが、表現性などの得点へ重きを置きたいという流れがあるんです。最近では、早い段階から難易度の高いジャンプの練習をするジュニアの選手にもケガが増えていることも要因の1つです。今回の羽生選手とメドベージェワ選手のような超トップ選手でさえケガの危険と隣りあわせだという事実は、技術面の向上によりいっそうストップをかける方向に進んでいくかもしれませんね」(前出・スポーツライター)

 表現性とともに、難易度の高いジャンプの美しさをかねそなえた素晴らしさが理想ともいえるフィギュアスケート。だが、「4回転合戦」のようなプログラムは、今年で見納めになるのかもしれない。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」
2
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
3
ドケチでおなじみの嵐・二宮がまさかの金欠を告白!その理由とは?
4
本気のオトコ探し?ブルゾンちえみの肌着姿に「女感じる」興奮コメント殺到
5
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃