スポーツ

羽生結弦に続きメドベージェワが!平昌五輪金メダル候補「受難」の波紋

 向かうところ敵なしの活躍を続けるフィギュアスケートの世界女王、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手。来たる平昌五輪でも金メダル候補の1人として名前があがっていたが、11月21日にロシアスケート連盟はメドベージェワ選手が右足甲の骨のひびによる負傷を負っていると発表した。

「10月中旬に足の故障があり、それをケアしながら試合に臨んできていたのですが、先のNHK杯では優勝をしたもののフリースタイルで珍しくジャンプで転倒するなど精彩を欠き、ケガをしていることが広まっていた矢先でした。試合後に精密検査をして骨のひびが確認され、今はギプスをはめて固定している状態だそうです。連盟としては平昌五輪に万全を期して、出場が決まっているGPファイナルの欠場も視野に入れて検討しているようですが、メドベージェワ選手本人は『今までケガで試合を休んだことはない』と強行出場を希望しているようで、今後の展開が注目されます」(スポーツライター)

 男子の金メダル候補・羽生結弦選手に続きメドベージェワ選手もケガをしてしまうとは、今年のGPファイナルは異例の展開になりそうだ。メドベージェワ選手が欠場となれば、ファイナル進出未定の樋口新葉選手に出場の可能性が出てくる。日本にとっては、有利な展開だが…。

「国際スケート連盟としては、平昌五輪後に4回転ジャンプをはじめとした体に故障を起こしやすい技術の高得点化の見直しを図っていきたいという考えがあり、採点方式が大幅に変わる予定です。タラソワコーチを筆頭に反対を表明する人たちもいますが、表現性などの得点へ重きを置きたいという流れがあるんです。最近では、早い段階から難易度の高いジャンプの練習をするジュニアの選手にもケガが増えていることも要因の1つです。今回の羽生選手とメドベージェワ選手のような超トップ選手でさえケガの危険と隣りあわせだという事実は、技術面の向上によりいっそうストップをかける方向に進んでいくかもしれませんね」(前出・スポーツライター)

 表現性とともに、難易度の高いジャンプの美しさをかねそなえた素晴らしさが理想ともいえるフィギュアスケート。だが、「4回転合戦」のようなプログラムは、今年で見納めになるのかもしれない。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)