スポーツ

日馬富士が「血まみれ暴行」に走った貴ノ岩の「罵声禁句」(4)朝青龍も注意した「酒グセ」

 相撲協会では07年に、時津風部屋で、力士暴行死事件が起き、親方らが逮捕された。10年には横綱・朝青龍(当時)が泥酔したあげく、知人男性に暴力をふるった責任を取り、強制引退に追い込まれている。だが、そうした教訓は生かされなかった。繰り返される不祥事は、日馬富士の「体質」に原因があったこともまた事実のようで、

「とにかく、酒が入ると別人になる。一人で三升を空けてしまうこともあり、とたんに凶暴な顔が出てきます。酔った勢いで、下位の力士にタバコを押しつけたこともあるそうです」(角界関係者)

 相撲記者も言う。

「日馬富士はかつて、朝青龍の『手下』だったせいか、いいにつけ悪いにつけ、似たところがある。あの朝青龍から『お前は飲みすぎだ。ちょっと慎んだほうがいいよ』と、酒癖の悪さを注意されたことがあるほどです。ある時、朝青龍の『女』に手を出そうとし、『朝青龍に抱かれて、どうして俺はダメなんだ!』と無理やり迫ったという話も聞きました。酔うと見境がなくなるようで‥‥」

 鳥取県警が捜査に乗り出したことで、渦中の日馬富士には「逮捕」の可能性も浮上している。事実、11月17日には任意の事情聴取を受け、「素手で殴った」と暴行を認めた。だが「流血の懇親会」の出席者らも、警察の事情聴取を受けて酒席での記憶をたどることになるだけに、証言の一致をみるかどうかは不透明だ。日馬富士の刑事処分なども含め、結論が出るまでに時間がかかる可能性も指摘されている。事実、春日野広報部長(55)も、処分決定は12月以降になるとの見通しを説明しているが‥‥。

 好角家の漫画家、やくみつる氏は、次のように厳しい声を上げた。

「時津風部屋の暴行死事件を受け、相撲協会は公私にわたり暴力を排除するという宣言を行ったわけですから、結論は引退しかありませんよ。モンゴル人力士には、星の回し合いが目に余る時期もあった。日馬富士がモンゴルで慈善事業を行っているということも、情状酌量の理由にはなりません。仮に数場所休場させたところで、どうせ1年後ぐらいには引退するでしょうから、このあたりで(相撲協会の)緩んできたタガを締め直さないといけません」

 貴ノ岩の症状と復帰、貴乃花親方の徹底抗戦、日馬富士の刑事処分、そして相撲協会による厳重処分。来年の役員選挙も巻き込みつつ、暴行事件は第二ラウンドへと突入していく──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?