スポーツ

天才テリー伊藤対談「大仁田厚」(2)NHKの駐車場で爆破を実験した!?

テリー 今や大仁田さんの代名詞になった「ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ」は、何がきっかけで始めることになったんですか?

大仁田 テリーさんもご存じのように、あの頃の日のプロレスは、ジャイアント馬場さんの全日本プロレスとアントニオ猪木さんの新日本プロレス、この2団体しかなかったんですよ。だけど、この2つに満足できていない人が絶対いると思ったんです。

テリー ん? UWFとかはあったじゃない。

大仁田 あれは“プロレスの否定”だったじゃないですか。俺は逆に「プロレスは、もっとハジけていいんじゃないか」と思ったんです。イスを使おうが、何を使おうが、反則自由で派手に試合を見せていく。そういうところから考えていくとおもしろくなるな、と思いまして。

テリー なるほどねェ。

大仁田 それでアメリカでやっていた有刺鉄線デスマッチを発展させて、そこに電流を流して爆破したら、みんな驚くだろうな、って。テリーさんの「(天才たけしの)元気が出るテレビ!!」だって、そうだったじゃないですか。

テリー しかし、いきなり電流爆破って言っても、加減もわからないでしょう。あれは、前にテストしたんですか?

大仁田 やりましたよ。特殊効果の人がたまたまNHKで仕事をしていたので、NHKの駐車場を使わせてもらったんです。

テリー へえ、試合に関係ないNHKがよく貸してくれたね。

大仁田 もちろん内緒でやったんです。電流が流れてバーンと爆発したら、すぐ係員が飛んできたから、慌てて逃げました(笑)。

テリー ハハハ、よくやったね。

大仁田 その時、頭にふっと「ノーロープ有刺鉄線電流爆破」という言葉が浮かんだんですよ。

テリー いや、インパクトのある、実にいいタイトルだよね。最初の試合はどこでやったんでしたっけ。

大仁田 最初の試合は汐留ですね。まだ周りに何もない頃で、相手はターザン後藤でした。

テリー 後藤さんは電流が流れること、知ってたの?

大仁田 いや、知らないです(笑)。

テリー それこそ「聞いてないよ!」みたいな状態じゃないの(笑)。

大仁田 まあ、喜んでやったってほどではないでしょうけど、とにかく団体(FMW)が潰れるかどうかの瀬戸際でしたから。

テリー まあ、結果として試合は大盛況だったから。

大仁田 運もよかったんですよ。ちょうど試合日に台風が来てて、野外から屋根の付いた会場へ移動したんですよ。屋内なので爆発音が反響して、試合の迫力がより増したんです。

テリー 邪道が王道を超える話題を作った瞬間だね。その後も、やる試合はずっと夕刊紙の1面を飾っていたじゃないですか。「今までとは違う、新しいプロレスを生み出した」みたいな感覚はあったんですか?

大仁田 いやァ、ないですね。いまだにそうなんですが、いつも「この野郎!」「邪道のどこが悪い!」という気持ちでやっているだけです。世の中って「モラル」なんかを大事にして、常にキレイにしていようとするじゃないですか。そういうことに対するアンチテーゼ、反発心が、俺のエネルギーなんですよ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白