スポーツ

有馬記念SP「万券記者×競馬芸人」大穴一発!座談会(3)外国人騎手は軽視禁物!サトノクラウン要注意

水戸 牝馬のミッキークイーンだが、昨年の有馬記念では0.4秒差の5着と健闘した。中山はその一度しか走っていないけど、もともと右回りに実績があるし、一瞬の脚もあるから、中山は合っている。

渡辺 8番人気ぐらいなら、ちょっと買いたいですね(笑)。ただ、この馬は輸送に弱いからなぁ。それにたぶん、最後方からの競馬になるでしょう。それがハマった時は、まあ、3着ならあるかもしれませんけど。

和田 立ち回りがうまい馬ではないですし、キャプテンが言うように、まさにハマり待ちの馬。僕も3着なら、という感じですかね。

水戸 同じ牝馬のルージュバックは?

渡辺 「永遠の過大評価馬」でしょう(笑)。

和田 そうですね(笑)。でも同じ牝馬なら、こっちのほうが魅力かな。道中、緩みのあるレース展開になればオールカマー(1着)のように内で脚をためて‥‥。

渡辺 いや~、キタサンのペースは、ややスローぐらいで、後ろの馬に脚をためさせてはくれないでしょう。

水戸 私もルージュバックには印を回せないが、それより狙っておもしろいのがシャケトラだ。宝塚記念は4着と好走。4歳とまだまだ若いし、ムチャクチャ強いとは思わないが、意外性はある。

和田 能力の絶対値は別として、年齢的な上昇度はあるでしょうね。日経賞を勝った同じ舞台でもありますし。

渡辺 僕はトラックマンや記者さんたちが、みんな穴で狙いそうだからイヤなんですよねー(笑)。

水戸 なら、大穴としてクイーンズリングはどうだ。

渡辺 エッ、マジですか?

水戸 実は、ひょっとすると、ひょっとするんじゃないかと思っている。中山は2戦2勝で鞍上はルメール騎手。もし調教がよかったら、本命にしちゃうぐらいのことも考えてる。

和田 今年は外国人騎手の流れで、乗るだけで無視はできませんけど、さすがに今回は厳しいでしょう。それならムーア騎手のサトノクラウンですかね。

渡辺 使うかどうか、登録が出るまで、はっきりしませんでしたよね。

和田 堀厩舎はモーリスがそうだったように、登録してきたからにはキッチリと仕上げてきますよ。

水戸 天皇賞・秋(2着)の反動があったとしても、ジャパンC(10着)がだらしなさすぎたからな。

渡辺 それでも人気になるでしょうし、馬券的妙味がねぇ。同じサトノの馬でサトノクロニクルはPOGで指名した馬だったから、よく見てるんですけど、とにかく勝負どころでの脚がない(苦笑)。ここは、さすがに厳しいと思います。

和田 父ハーツクライで距離は心配ないけど、反応が鈍くて3、4コーナーでペースアップする有馬では、ついて行けないでしょう。

水戸 そうかもしれんな。では、馬券はどう買う?

渡辺 僕はサクラアンプルールから、スワーヴリチャードとキタサンブラックへのワイドと、サクラアンプルール2着固定で、前述2頭を1着に置いた馬単の計4点で勝負します。

水戸 キャプテンは、ほんと勝負師だな(笑)

和田 僕はスワーヴリチャードの単勝。あとはキタサンブラックとの2頭軸ですね。水戸さんは?

水戸 基本は本命馬から馬連、馬単を手広くなんだけど、うーん、まだ考え中。

和田 えっ、ここまで話しておきながら(笑)。

渡辺 クイーンズリングの追い切りしだいってことですね(笑)。

水戸 まあ、そうだな。

<座談会メンバー>

水戸正晴:サンケイスポーツ記者。競馬記者歴は40年に迫り、穴党にファンが多い。愛称は「水戸万助」。本誌で「『絶対万券』論」を連載中。

キャプテン渡辺:ピン芸人。テレビ東京「ウイニング競馬」に出演中。競馬歴は22年。11年の有馬記念で180万円の払い戻しを受けるなど、穴党の勝負師。

和田稔夫:競馬週刊誌「ギャロップ」本誌予想担当。記者歴は来年で20年。藤沢厩舎に強く、美浦トレセンを中心に取材の鬼としても知られる。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?