スポーツ

有馬記念SP「万券記者×競馬芸人」大穴一発!座談会(2)レインボーラインの勝負根性は強みだ!

渡辺 和田さんの本命は?

和田 ダービー2着の3歳馬スワーヴリチャードです。右回りは気になりますが、休み明けのアルゼンチン共和国杯で完勝。古馬相手でも力は足りるし、余力と上昇度は一番。前走と同じぐらいの競馬ができれば勝ち負けじゃないですかね。鞍上のM・デムーロも魅力です。

水戸 前走の走りを見ると、本物だな。母系がいいし、血統的にも相当、奥がある。力勝負になれば、キタサンブラックをやっつけられるのは、この馬かもしれない。

渡辺 僕もこの馬が対抗です。現時点ではサクラアンプルールとスワーヴの馬連1点勝負。いや、サクラアンプルールの1着は期待しづらいから、スワーヴ1着の馬単勝負ですかね。もし来たら地獄のような高配当になりますよ(笑)。

和田 ただ注文をつけるとすれば、この馬も内枠のほうがいいので、外枠に入らないことを祈るのみです。では、水戸さんの本命を。

水戸 私はレインボーラインだ。休み明けだった天皇賞・秋(3着)でも、あれだけのパフォーマンスを発揮できたのは、ポテンシャルの高さに尽きる。前走のジャパンC(6着)は、2走ボケに近いもの。ズバッと切れる脚はないけれど、中団からの差しが決まってもおかしくない。器用さがあって小回りの中山は向いていると思うし、勝負根性があるのも強みだな。

和田 勝ち味に遅いところがねぇ。まあ、ジョッキー(岩田騎手)の魅力を含めて3連単、3連複の相手としてならアリかもしれませんが、勝つとなると、ちょっと足りない気がします。

渡辺 強い弱いというよりも、この馬、たぶん6番人気前後ですよね。僕は大穴を狙いたいので、馬券的妙味が少なすぎます。

水戸 それでも単勝は、1700~1800円つくんじゃないか。相手しだいでは馬連、馬単でも妙味は十分あるだろう。

渡辺 キタサン2着の馬単でも、万馬券になるかもしれませんね。

水戸 ジャパンCを勝利して、ここでも人気になりそうなシュヴァルグランの評価はどうだろう? 私は、春からほとんど同じ体重で出てきているのが気になるんだが。

和田 ジャパンCは完璧に乗った感じもしますが、秋は京都大賞典⇒ジャパンC⇒有馬記念のローテーションが決まっていたはずですから、上積みは十分期待できると思います。ただ、この馬も内枠がベターですね。

渡辺 ジャパンCでおいしい思いをした人ならまだしも、前走5番人気だった馬が今度は2、3番人気でしょう。ジャパンCでは買ってなくて、人気になる今回狙うというのはどうかと。強さは認めますけど、馬券は買えませんね。

<座談会メンバー>

水戸正晴:サンケイスポーツ記者。競馬記者歴は40年に迫り、穴党にファンが多い。愛称は「水戸万助」。本誌で「『絶対万券』論」を連載中。

キャプテン渡辺:ピン芸人。テレビ東京「ウイニング競馬」に出演中。競馬歴は22年。11年の有馬記念で180万円の払い戻しを受けるなど、穴党の勝負師。

和田稔夫:競馬週刊誌「ギャロップ」本誌予想担当。記者歴は来年で20年。藤沢厩舎に強く、美浦トレセンを中心に取材の鬼としても知られる。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク