スポーツ

貴乃花親方の解任は事前に決まっていた?公式サイトの書き換えが早すぎる!

 1月4日に開催された日本相撲協会の臨時評議員会において、貴乃花親方の理事解任決議が全会一致で承認された。同会の終了後には、池坊保子議長が貴乃花親方の解任を発表。“役員待遇委員”への二段階降格となったことを明かした。

 各メディアでは会場となった東京・両国国技館に取材陣を派遣し、午前11時前に始まった臨時評議員会の結果を待機。記者会見での発表を受けて午後には様々なメディアが「貴乃花解任」を報道していた。だがどこよりもいち早く降格を明らかにしたのは、マスコミではなかったというのである。

「実は日本相撲協会の公式サイトが一番最初だったようです。各協会員の役職を紹介する『職務分掌』というページが午前中のうちに書き換えられ、貴乃花光司の名前が“理事長および理事”から“役員待遇委員”へと移動していました。このページのソースコードを見ると、11時48分22秒に更新した記録があることから、おそらく臨時評議員会で解任が決まってすぐにページを更新したのでしょう」(IT系ライター)

 しかし記者会見を待たずに人事異動を発表するのは、公益財団法人として適切な対応とは言いがたいはず。なぜこのように異例なほど迅速なページ更新を行ったのか。前出のIT系ライターがこんな見方を示す。

「理事解任の決議を受けてからページを手作業で書き換えたのであれば、書き換え後の確認作業なども必要ですし、こんなに早く更新することはほぼ不可能なはず。そうなると今回の理事解任が既定路線で決まっていて、新しいページをあらかじめ用意していたと考えるのが最も自然です。事前に書き換えのテストも済ませておき、解任決議を受けて更新ボタンを押したのかもしれません」

 つまり今回の臨時評議員会は、すでに内定済みの貴乃花親方解任を確認するための儀式だったということだろうか。ともあれ多くの相撲ファンが今回の決議に納得していないのは確かなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント