女子アナ

フジ久慈暁子、全力疾走して“福女”逃すも思わぬ「助け舟」が!

「めざましテレビ」(フジテレビ系)を担当する同局の久慈暁子アナが“福女”を目指して疾走した。1月10日早朝、商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社・西宮神社(兵庫県西宮市)で、福を求めて参拝一番乗りを目指す、新春恒例の「開門神事福男選び」が行われた。くじ引きで当選した先頭ブロックの258人が“一番福”を目指して、約230m先の本殿まで激走。見物客を大いに盛り上げた。

 番組では、スポーツを担当する久慈アナがジャージ姿で現場をリポート。「『めざましテレビ』を代表して、福男ならぬ福女を目指して頑張ります」と久慈アナは宣言し、本殿まで疾走。途中、男性を抜くシーンもあったが、残念ながら福女にはなれなかった。走り終えた後、久慈アナは「福女にはなれませんでしたー」と敗北を認めた。

 視聴者からは久慈アナの走りっぷりを見て「かわいい!」「走る姿がカッコいい」など賛辞の声も上がったが、「新年早々、福を逃すとは縁起が悪い」など、ネガティブな見方もあった。

 そんな久慈アナといえば、昨年同局の深夜の看板番組「アナパン」シリーズに抜擢。鳴り物入りで「クジパン」がスタートしたが、わずか3カ月で打ち切り。今回、男性に勝つことは最初から無理とはわかっていたが、それでも“福女”を逃したというのは縁起のいいものではない。しかし、意外な人物から助け船が入った。

「同じ日放送された『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、タレントの江原啓之が“福男選び”を全否定していました。福男選びは運試しみたいなものであり、ただ足が早いだけ。ご利益もないとバッサリ斬っていました」(テレビウォッチャー)

 一番福に敗れてもまったく問題なし。久慈アナには今年こそ本業のアナウンサーで“福”をつかんでほしい。

(石田英明)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
4
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃