スポーツ

あの貴闘力が「相撲スキャンダル」について初めて語りつくした!

 元横綱・日馬富士の暴行事件に始まり、立行司のハラスメント騒動、現役力士の「無免許運転」とスキャンダルが続く相撲界。かつて貴乃花親方と同部屋でシノギを削った元関脇・貴闘力はこの現状をどう見るか──。本誌だけに緊急激白した。

「復活はないと思う。今の状況を見ると無理かもしれない」

 貴闘力がまず槍玉にあげるのは、先の初場所を6日目から休場し、これで5場所連続休場となった日本人横綱・稀勢の里(30)だ。だが、厳しい言葉は期待と愛情の裏返しでもある。

「ずっと応援しているんですよ。私はずっと前から言い続けていました。稀勢の里の相撲を見ると、持っているものを全部出そうという意気込みが伝わってくる。そうやって完成させていった相撲に大きな感動をもらいました。だから応援したくなる。稀勢の里が本当に好きだから、多少はキツいことも言いたくなるんです」

 話題は同じく初場所を休場した横綱・白鵬(32)に及ぶ。昨年の九州場所では「物言い」とも取れる行動を起こし、優勝インタビューでは「万歳三唱」を行なった。いずれの言動についても相撲協会から厳重注意処分を受けている。

「白鵬が(元横綱の)朝青龍(37)のように、何かと問題が取り沙汰されているけど、正直、よくわからない。そんなの本人に聞けばいいじゃない。ただ、これだけは言えるよ。すぐ近くに戒めてくれる人がいないとダメだよね。目の上のタンコブじゃないけど、ふだんからガミガミ言ってくれる人がいないと。私の場合はこっそり博打をやっていたけどね(笑)。『人は易きに流れる』とよく言うでしょう」

 1月29日発売の「週刊アサヒ芸能」に掲載された激白インタビューでは、白鵬との「対立関係」が取り沙汰される貴乃花親方についても言及。現役時代のエピソードを振り返るとともに、昨今起きた相撲界のスキャンダルをブッタ斬っている。相撲ファン注目のガチンコ記事といえるだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人