芸能

歴代「ユニクロCM美女」のバスト事情(2)福山雅治を虜にした吹石一恵の美バスト

 小嶋が妖艶なアラサーへと変貌したように、歴代のユニクロ「ブラCM」美女たちも、ここを契機に進化を遂げていた。

 08年、初代イメージキャラクターに抜擢され、新商品の「ブラトップ(ブラカップ付きのトップス)」を完売させたという吹石は、その後14、15年にも再登場し、バストの成長の軌跡がCMからもうかがえた。

 08年バージョンでは、軽快にステップしながら買い物袋と自慢のFカップ乳を上下左右に揺らしまくったものだが、6年後のバージョンでは、まるで山脈のように成長した胸を突き出しながらフィット感を確かめるしぐさが話題になった。

「変化していないのは、自然な太まゆだけ(笑)。そこが和風美人と称される魅力でもありますが、15年バージョンでは、過去2回よりも確実に、谷間が深~くなっているように映りましたね。坂道を歩くシーンの胸元の揺れなんて、年齢を重ねたFパイのズシンとした重量感が伝わってきました」(小谷氏)

 肥沃な渓谷を思わせるほど、形よく成長を遂げ続けた巨乳こそ、俳優で夫の福山雅治が求める理想のおっぱい像だという。二人をよく知る芸能記者が話す。

「福山は巨乳よりも形のいいおっぱい好きとして知られています。そのためにもみ吸いされたのか、交際の噂が出始めた12年頃から吹石の頬が引き締まり、首元も細くなって、ロケット乳へと変貌し、より目立つようになったんです」

 09年、初代・吹石から跡目を継いだ黒髪美人の栗山千明(33)は、おっぱいの成長とともに露出ぶりも目をみはるようになった。

「栗山は当時のマスコミ発表の会見で、『(ブラトップを)着るところから始まるので、私より前のスタッフは全員女性でした』と、前面男子禁制の戒厳令撮影だった秘話を明かしていた。それから7年後の16年、ドラマ『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)では一変。男性スタッフの目線も気にせず、イケメン俳優の成宮寛貴に向かって『遠慮しないで来て!』と、テンション全開で濡れ場を熱演。乳首ギリギリまで露出し、スタッフから『白黒ショーを見ているみたい』と驚きの声が上がったほどでした」(スポーツ紙芸能担当記者)

 3代目の山田優(33)はCM出演の翌年、弟の親太朗から、EからFカップへの進化をバラされていた。放送作家によれば、

「11年10月、トーク番組の中で、『親太朗、聞いてよ! 今日、下着を買いに行ったらカップが上がってた』と報告してきた、と。山田は昨年、第二子を出産し、子育て奮闘中で、激ヤセも報じられましたが、女優復帰を心待ちにするドラマ関係者もいて、『大型バイクの免許を持つ彼女のレーシングスーツ姿はセクシーだ』と話していました。『ジッパーを開けるとドーンと突き出す』って(笑)」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?