エンタメ

天才テリー伊藤対談「木村 清」(1)テリーさんの1番マグロ買いますよ

●ゲスト:木村 清(きむら・きよし) 1952年、千葉県生まれ。中学校卒業後、パイロットを目指し、航空自衛隊に入隊。訓練中の事故により目を負傷しパイロットの道を断念、74年退官。中央大学法学部(通信教育課程)を卒業。74年、大洋漁業(現・マルハニチロ)の子会社「新洋商事」に入社。水産業に携わり、築地市場で多くの取引先を持つようになる。79年、独立し、「木村商店」創業。弁当屋、カラオケ店、レンタルビデオ店などを経営し、85年、「喜代村」設立。バブル崩壊時にメインバンクの裏切りにあい、全ての事業を清算。手元に残った300万円で築地に寿司店「喜よ寿司」を開店。2001年、築地場外に日本初の24時間営業・年中無休の寿司店「すしざんまい本店」を開店。わずか40数席で年商10億円を達成。現在は全国に54の寿司店を展開。今年の築地市場のマグロ初競りで最高値7連覇を逃したことも話題となった。

 寿司チェーン店「つきじ喜代村 すしざんまい」を全国に展開、ネタにこだわる“マグロ大王”としてメディアにもたびたび登場して話題を呼んでいる木村清氏。毎年恒例となる初競りの最高額マグロ落札を逃した直近の話題から築地の問題まで、天才テリーと徹底的に語り合った!

テリー 毎年、築地市場のマグロ初競りは、木村社長の最高額落札で大きな話題を呼んでいましたけど、今年は7連覇を逃しちゃったじゃないですか。

木村 はい、負けちゃいましたね(笑)。

テリー 以前は1億円ぐらいの高値が付いても競っていたのに、今年は3645万円で競り負けていたのにはビックリしちゃいました。どうして今年は勝てなかったんですか?

木村 あの1番マグロ、あえて買わなかったんです。

テリー あ、負けたのではなくて見送った?

木村 そうです。始まる1時間ぐらい前にうちの社員とバーッとチェックするんですが、その1番のクロマグロは確かに大きかったんですが、あまりよくなかった。それで買うのをやめたんです。

テリー なるほど。マグロって普通いくらぐらいで取り引きされているんですか?

木村 普通の大間のマグロで1キロ1万、よいものだと1.5万。だから1本200万~300万です。

テリー そうか、それが初競りでは10倍に上がるわけだから、すごいな。

木村 1番手のマグロは、新年のご祝儀ですね。

テリー 例えば3500万で落札したら、釣った人にはいくら入るんですか?

木村 築地市場に5%、大間の組合に5%くらい入って、その他諸経費を引いて80~90%が本人の取り分です。

テリー ということは、初競りのマグロ1本だけで1年間くらい仕事をしなくても大丈夫じゃない。いいなァ、夢のような仕事だ。僕もやってみたいですよ!

木村 ハハハ、「大間の夢」っていう言葉もあるぐらいで、一攫千金を目指して、たくさんの人がチャレンジしてますけど、実際はなかなか釣れないみたいですよ。

テリー そりゃそうでしょう。例えば、僕が勝手に船を出して釣ったものでも、買ってもらえるんですか?

木村 いやいや、確かにテリーさんが釣り上げたら話題になるかもしれませんけども、ちゃんと組合に入っていないとダメなんです。松方(弘樹)さんも、よく大間に釣りに行かれていましたけど、その時はやっぱり組合に相談して、組合員と一緒の船に乗せてもらって釣ってたみたいです。

テリー いや、実は僕も小さな船を持っているんですよ。相模湾なんかで、ちっちゃい魚を釣ったりして楽しんでいるんですけど、それを聞いたら無理そうですね。まず、そんな大きなマグロを釣ったら、船が絶対に沈んじゃう(笑)。

木村 いや、組合員が登録されている船なら、テリーさんが釣っても大丈夫でしょうから、ぜひ一度、大間に行ってチャレンジしてみてくださいよ。私が買いますから(笑)。

テリー えっ、ホントですか? そう言われると、つい調子に乗っちゃいそうで怖いなァ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴