スポーツ

プロ野球セ・パ「波乱のキーマン」地雷原ガイド(2)阪神・藤浪が金本監督と一触即発?

 球団史上初のリーグ3連覇を狙う広島は、昨年8月に右足首骨折で離脱した若き主砲・鈴木誠也(23)に不穏な影が忍び寄る。

「本人は日本シリーズで復活出場するつもりでしたが、結果はCS敗退。ベンチ裏で鬼のような形相でじっと押し黙り、親しい記者も声をかけられなかったそうです。一説には、日本一になったら交際女性に結婚を申し込む予定だったとか‥‥。そのせいか、オフのトレーニングは周りが止めるくらい驚異的な練習量でした。故障明けにいろいろ背負い込みすぎてオーバーワークにならないか心配しています」(広島番記者)

 さらには、こんな落とし穴もあるという。

緒方孝市監督(49)を支えてきた石井琢朗(47)、河田雄祐(50)両コーチがヤクルトに流出してしまった。正直、作戦面は高信二ヘッドコーチ(50)を加えた3人で支えてきました。野手を厳しく鍛えた石井コーチ、トリッキーな作戦を進言していた河田コーチの抜けた穴は大きいでしょう」(広島関係者)

 広島から主力コーチを引き抜いたヤクルトでは、同じく今季から加入した宮本慎也ヘッドコーチ(47)の存在が波乱を呼んでいる。

「解説者時代に『選手もコーチもユルい。あの球団体質では、永遠に優勝できない』と古巣を痛烈に批判した宮本コーチに対し球団は『二度と敷居をまたがせるな』とまで激怒。就任の目はないはずでしたが、あまりの低迷ぶりに手を借りざるをえなくなり、オファーを受けての入閣ですからね」(スポーツ紙デスク)

 宮本コーチは改革に向け鬼軍曹になる気満々。「仲よしのびのび野球」に慣れきった主力選手たちは、本格的なシゴキが待っている春季キャンプに向け戦々恐々としているという。

「大恩人」の星野仙一氏が1月4日に亡くなり、今季の優勝を手向けにと切望する阪神・金本知憲監督(49)は、藤浪晋太郎(23)と一触即発の状況だという。

「金本監督は闘志を前面に出さない藤浪に不満を抱いているんです。だから自身が取り入れ、現在は広島の新井貴浩(40)も行っている鹿児島・最福寺での護摩行(炎の前で全力で不動真言を唱える精神修行)をやらせて殻を破らせたいと考えていましたが拒否された。科学的トレーニングによる肉体改造に精通するダルビッシュ有に心酔し、自主トレにもついていく藤浪は、護摩行の誘いにまったく耳を貸さなかったのです」(在阪スポーツライター)

 価値観、野球観がはなはだしく相違しているのだ。エース候補と指揮官の溝が深まるばかりではキャンプ前から不安は尽きない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!