スポーツ

羽生結弦「4回転ルッツの災い」をオーサーコーチは予見していた?

 まもなく開幕する平昌五輪。フィギュアスケートの羽生結弦選手の出場とその演技には多くのファンが期待を込め、その動向を見守っている。現在のところ、出場についてはほぼ確定とする報道が多いが、金メダルを目指す羽生選手がどんなプログラムで挑むのだろうか。

「もともとの羽生選手の悲願は、過去に滑った『SEIMEI』に4回転ルッツも入れ、以前の構成をパワーアップして世界最高得点を更新することでした。しかし、実はオーサーコーチはこれに反対していたんです」(スポーツライター)

 オーサーコーチは、4回転ルッツを入れなくても羽生選手は世界最高点を出せるとし、さらに「4回転ルッツは危険な技」と言っていたのだという。GPシリーズNHK杯の直前練習で、ルッツジャンプでケガをしたことを思えば、オーサーコーチはこうなることを予見していたとも言えよう。

「常に高みにチャレンジしていたい羽生選手は、過去の最高得点と同じトゥループとサルコウの4回転ジャンプだけの構成なら、確かにノーミスの自信も手応えもあるが、手堅い戦略では自分がスケートをしている意味がないと談判したといいます。それゆえ手厳しいスポーツ評論家のなかには、『やらなくていいジャンプの練習でケガをした』と辛口のコメントをする人もいたのです」(前出・スポーツライター)

 結果として4回転ルッツを封印でき、羽生選手の自信のある確実な構成を滑り切ることができれば、それはまさにオーサーコーチが思い描いていた平昌五輪用の羽生選手のFS。フィギュアの新たな高みを目指す羽生選手も魅力なら、技の究極の完成を見せる羽生選手の姿もまた魅力的に違いない。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(2)最長30時間もトイレに行かず寝続けた
2
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
3
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(1)風呂嫌いにトップス裏返し
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然