スポーツ

玉木正之のスポーツ内憂内患「春日野部屋『暴行隠蔽』には呆れ返るほかない」

 初場所で初優勝を果たした栃ノ心の活躍は、本当に見事だった。

 もともと前褌(まえみつ)の取り方、引き付けての寄り身など、外国人力士にしてはパワー以上に技術に優れ、08年十両に昇進したときから、いずれは三役に定着する力士と注目していたが、幕内昇進後、右膝十字靱帯断裂という大怪我で4場所連続休場。

 番付も幕下西55枚目まで落としたが、春日野親方(元関脇栃乃和歌)に励まされ幕下と十両での4場所連続優勝を経て幕内に復帰。そして春日野部屋では1972年の栃東以来46年ぶり、平幕力士としては12年の旭天鵬以来6年ぶりとなる見事な優勝を果たした。

 とはいえ、この栃ノ心の快挙に水を注したのが、春日野部屋で新たに発覚した暴行事件だった。

 4年前の14年9月、春日野部屋の元力士が、入門してまだ日の浅い弟弟子に対して暴行。弟弟子は顎を骨折して全治1年6カ月の重傷。しかも味覚消失という傷害も負ったというのに、スポーツ紙が記事にするまで表沙汰にならなかった。

 被害に遭った力士は、日馬富士の暴行事件が騒がれる一方で、自分の事件が揉み消されることに不信感を抱き、公表したという。

 事件の起きた直後、春日野親方は「冷やしておけば治る」と言ったとか‥‥。被害者が部屋を逃げ出して自宅に戻ると、病院に連れて行くからと言われて部屋に戻され、しかし国技館の相撲診療所に連れて行かれただけだったので、被害者が自分で大学病院へ行き、即入院して手術と診断されると、春日野親方に「余計なことをしやがって」と言われたとか‥‥。

 まったく誠意のない対応に、被害者は加害者の兄弟子と親方を刑事告訴。春日野親方は不起訴となったが、加害者の力士には懲役3年執行猶予4年の重い判決が下された。そして現在も、春日野親方と加害者に対して、損害賠償3000万円を求める民事裁判が争われているという。

 問題は、これほど大きな暴行事件が、4年間も「隠蔽」されていたことだ。

 事件発覚後、春日野親方は「隠蔽」などしておらず、当時の協会執行部には報告済みと発言。公表しなかったのは、当時の北の湖理事長、危機管理部長の貴乃花親方、危機管理委員会(宗像委員長と小林顧問)の判断と発言。

 しかし、北の湖理事長は既に死去。宗像危機管理委員長はテレビ番組で「聞いてない」と発言。貴乃花親方はノーコメント。

 事実関係はともかく、これほど重大な暴行事件を公表しない(そして反省もしない)相撲協会の体質では、暴力行為は永遠になくならないだろう。

 しかも07年6月に時津風部屋で力士暴行死亡事件が起き、暴力追放の運動を実践していた最中の「隠蔽事件」には、相撲ファンとして呆れ返るほかない。

 貴乃花親方はこの事件を知っていたのか? 隠蔽に加担していたのか? この事件を知っていたから日馬富士暴行事件では、自分の部屋の貴ノ岩を守るために警察に訴えたのか? しかし、知っていたなら公表すべきだったのではないか?

 さらに日馬富士事件に関しても、貴乃花親方が理事会に提出していた「報告書」がメディアによって改めて暴露され(貴乃花親方の仕掛けだろうか?)、八角親方などから貴乃花親方に対して、警察への告訴を取り下げるよう執拗な圧力があったことなど、事実関係に相当の違いがあることもわかった(再調査も必要だろう!)。

 栃ノ心をはじめ、土俵上の力士たちは頑張ってる。が、もはや相撲協会を信頼している人など誰もいない。その信頼を取り戻すことが急務だと、「新理事」たちはわかっているのだろうか?

(玉木正之)

カテゴリー: スポーツ, 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、ドッキリ動画に映り込んだ「爆裂バストが凄い」とファン大反響!
2
鈴木奈々のヒップ見せ以上!「女子メンタル」地上波カットされたウイカの激艶シーンとは?
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
巨人のエース・菅野が「越権行為」も原監督が手を出せなかった“事情”とは!?
5
バスト&ヒップを同時堪能?「泥酔した」吉岡里帆を“介抱した”俳優に羨望の声