スポーツ

もう一つの「下克上」が進行中?横浜DeNAが画策する「古参ファン排斥」!

 昨シーズン、3位からのクライマックスシリーズ勝ち上がりで、日本シリーズにまで駒を進めた横浜DeNAベイスターズ。2010年に千葉ロッテマリーンズが、同じくシーズン3位から日本一にまで上り詰めた様を「下克上」と言ったことから、横浜についても同様の呼び名がついたことはファンの記憶に新しい。ところが、その横浜で、新たな「下克上」がファンたちの間で起きているようなのだ。事情に詳しいスポーツライターに聞いた。

「横浜は、1998年のマシンガン打線での優勝以降、かなり長い間低迷したので、古いファンほど“自虐的”な部分があり、勝ち続けていても『今日は負けそう』などと思うもの。暗黒時代を経験した阪神ファン、後楽園球場時代の日本ハムファンも同じだと思います。ところが、新規…というより、昨シーズンの『3位からのCS出場』のムードでファンになったファン層は、万年Bクラスだった過去なんてどこ吹く風。応援スタンドで古参ファンが『今日はオレが見に来てるから負けるな』なんて古参ファンが冗談を言おうものなら、『戦う前から負けるなんて言うな!』『お前みたいなヤツは球場から去れ!』とケンカ腰で詰め寄りモメ事にまで発展させることも。そんな“意識高い系ファン”が急増したというのです」

 チームが強くなれば球場にファンは増える。人気球団になっていくためには避けて通れないことなのかも知れないが…。

「DeNAはかねがね、マルハやTBS時代の弱小ムードから脱却したいという思惑があったようです。初年度に、いきなりファンが毛嫌いする巨人から、OBの中畑清氏を招聘し、監督に据えたのもそう。結果、チームのイメージは明るくなったことについては、成功と言えるかも知れませんが、古参ファンにしてみれば、『イメージ先行でチームは弱いまま』という不満が多かった。でも、実は、こうした声を上げる古いファンをもう切り捨て、新しいファンに入れ替えるべきという声が球団内部からは上がっていたんです」(前出・スポーツライター)

 今季から、本拠地の横浜スタジアムの座席がすべて“横浜ブルー”化。3年目となるアレックス・ラミレス監督のもと、さらにイメージ一新が掲げられている。ちくわにかぶりつきながら、野次を飛ばして野球を見たいファンは、いささか居心地が悪くなるのかも知れない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?