スポーツ

貴乃花親方「議事録流出」で暴かれた「裏金癒着」(3)貴ノ岩は日馬富士の“代役”と

 十両のモンゴル勢には実力派がひしめいている。

 元学生横綱で鳥取城北高出身の水戸龍(23)をはじめ、大翔鵬(23)、旭秀鵬(29)に加え、暴行事件の現場に居合わせた元大関・照ノ富士(26)らは、同郷の貴ノ岩にとって手ごわい相手となって立ちふさがるに違いない。

 また日本人力士では、日馬富士が所属していた伊勢ヶ濱部屋の照強(23)が再十両入りしている。

「168センチ、115キロの小兵だが、日馬富士に鍛えられたスピード相撲が持ち味。師匠の引退の原因を作った貴ノ岩との“代理戦争”となる一番は、当然、けんか腰になるはずです」(ベテラン記者)

 十両の取組でこれだけの好カードがそろうのだ。

「代理戦争が真剣さを増す。ガチンコ相撲らしい取っ組み合いを見たい」

 相撲評論家の中澤潔氏もこう言って幕内の取組に期待を寄せるが、一方で気になるのは3横綱のコンディション。

「白鵬(32)、稀勢の里(31)、鶴竜(32)はいずれも休場する可能性が高い。稀勢の里は出場してダメなら引退。みずから退路を断つようなことはせず、十分な準備をする必要があります」(やく氏)

 三月場所は上位陣が崩れることが多く、「荒れる春場所」と呼ばれるが、土俵外の因縁がさらなる大波乱を起こすかもしれない。

「最近は15日間で300番くらいの取組が行われて、1分を超える大相撲は10番くらい。上位の相撲は形だけで、真剣さからかけ離れた取組が少なくありません。そうした中で、貴乃花部屋の貴景勝(21)は表情ひとつ変えませんが、内には相当な闘志を秘めています。負けん気が強いし、これまた白鵬との“代理戦争”となる対モンゴル勢の一番は見逃せません」(中澤氏)

 先場所で平幕優勝した栃ノ心(30)が、2場所連続優勝で大関取りにつなげられるかにも注目が集まる。

「先場所の優勝は実力でもぎ取ったもので、連続優勝なら当然、大関に上がるはず。2場所連続で10勝をあげ、三役に復帰した逸ノ城(24)も怖い存在。春場所の見どころはたくさんあるので、横綱がふがいない相撲を取るなら、いっそ休場してくれたほうがいいくらいです」(前出・中澤氏)

 大混戦が予想される中、土俵外の動きからも目が離せない。

「立行司のセクハラに始まり、初場所中には大砂嵐(26)の無免許運転までが発覚。そのうえ、元所属力士による暴行事件を春日野親方が隠蔽していた疑惑が報じられました。こうした報道はゴタゴタが続く協会内のリーク合戦という見方もできます。となれば、求心力を失った貴乃花親方の周囲で新たなスキャンダルが発覚してもおかしくありません」(スポーツ紙デスク)

 力士たちには土俵外の逆風や雑音をものともしない名勝負を見せてほしい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え