ウイルス

社会

新型コロナ「抗体検査」の“常識とウソ”を実体験ルポで全公開!

コロナ自粛から経済活動再開に舵を切った日本だが、今話題になっているのが「抗体検査」だ。そもそも抗体検査は何のためにあるのか。感染で体内にできるタンパク質(抗体)の有無でコロナにかかったかどうかがわかるといい、つまりは「感染歴」を調べる目的だ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

中国、「武漢でコロナウイルスの“予行練習”実施」情報の衝撃全容とは?

中国・武漢から発生した新型コロナウイルスはもはや、欧米がパンデミックの中心地となる事態となっている。3月10日には、中国の習近平国家主席も武漢を訪問。その後、中国政府は事態を収拾させたというメッセージをも発したというが、その中国を舞台とした…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
芸能

NHK、「局内での厳しい新型コロナ感染防止策」の“重大理由”!

各業界が新型コロナウイルスの感染防止に頭を悩ませる中、テレビ局も対応に追われていた。民放のテレビマンはこう嘆く。「ドラマ撮影は病院ロケの使用がNGになったり、出演者やスタッフ、エキストラも撮影の合間はマスクを着用するなど、異様な光景が広がっ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
社会

新型コロナ、「突然変異」で「終息10年」の悪夢シナリオとは?

終わりの見えない新型ウイルスパニックにより「自粛」も延長され、心身ともに疲弊する御仁も多いだろう。はたして、いつウイルスは終息するのか。実は、専門家からは、10年かかるとの意見も噴出している。その恐るべき最悪のシナリオを検証しているのが、3…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<水疱瘡>「肺炎・髄膜炎・脳炎…喫煙者に“15倍”の発症数」

水疱瘡は子供の病気というイメージがあるが、大人がかかると重症化するおそれがある。水疱瘡ウイルスに感染すると、約2週間の潜伏期間を経て赤く腫(は)れた発疹ができ、6~10日かけて強いかゆみを伴う水ぶくれになり、かさぶたへと変わっていく。38℃…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「インフルエンザなどの予防にマスクは必須か。飛沫だけでなく接触感染のウイルス予防も大切」

冬になると、街行く人のマスク着用が目立ちます。神戸で新型インフルエンザが流行した際には、電車の乗客ほぼ全員がマスクを着用していましたし、不特定多数の乗客を乗せるタクシー運転手も、マナーとして多くの人がマスクをつけています。10年ほど前、フラ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「大人が感染すると重症化する流行中のはしか。改めてワクチンを接種する必要はあるか?」

はしかが全国的に流行の兆しを見せています。台湾からの旅行客が発端となり、5月中旬現在、沖縄県で約100人、愛知県で20人、東京都で10人の感染が確認されています。日本国内では10年前に小中学生の予防接種を増やしたことから患者数は減少していま…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

エイズ感染「九州激増」大パニック!(2)激増にいたった理由とは?

今年8月30日、厚生労働省は、「全国的に新規HIV感染・エイズ患者数は横ばいの傾向にある」と報告している。しかし、同じく厚労省の「エイズ発生動向」の分析データに、01年から15年までの感染および患者の数を5年ごとに都道府県別に集計したデータ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

エイズ感染「九州激増」大パニック!(1)九州が危機的な状況に?

「エイズ感染九州で激増」福岡ソフトバンク・ホークスが2年ぶり優勝を決めた週明け、地元紙1面に驚愕の見出しが躍った。はたして、今なぜ「九州」なのか──。9月19日付の西日本新聞の1面を飾った調査報告は、九州男児にとってはまさに寝耳に水。祝賀ム…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

列島大予測!2015年「ニッポン」はこうなる!ー列島クライシス編ー(2)ウイルスも猛威をふるう?

この時期話題になる「鳥インフルエンザ」も忘れてはならない。農研機構動物衛生研究所情報広報課担当者が解説する。「冬の渡り鳥の飛来シーズンに入り、島根県、千葉県、鳥取県および鹿児島県で採取された死亡野鳥などから高病原性鳥インフルエンザウイルスが…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |