バブル

政治

最低入札価格数十円?「ゼロコロナ」継続で急加速する中国「不動産バブル崩壊」地獄

中国共産党の最高指導部である政治局常務委員会が10日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために実施している「ゼロコロナ」政策を継続することを表明。この日行われた議会で習近平国家主席は、「必要な防疫措置を緩めてはならない。ゼロコロナの方針を貫…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
芸能

佳那晃子「借金3億円」でヘア写真集…電気もガスも止まり収入の9割を返済に充てた/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

90年代初頭、バブル崩壊後の地価下落で不良資産が増大。住宅金融専門会社(通称・住専)が回収不能となった約6兆5000億円を巡り、日本列島が揺れに揺れたのが、住専騒動だった。そんな騒動とはレベルは異なるものの、借金返済のために家と車を売り払い…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

借金40億円を10年で完済した坂口良子「バブル崩壊で離婚」の悲劇/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

2013年に57歳で亡くなった坂口良子の長女で元タレントの坂口杏里さんが6月8日、インスタグラムで結婚を発表。杏里さんは2017年12月に自身のインスタでタレント引退を表明しているが、その後のお騒がせぶりは説明するまでもないだろう。坂口が杏…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
政治

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「過去のセクシャルハラスメント告発にビビッています」

—このところ、有名人によるセクシャルハラスメント、パワハラ報道、暴露YouTubeを見ていて昔の自分を思い出し、ビクビクしています。バブル時代はひどかった。部下の女性に下ネタを浴びせ、お触りするのは当たり前でした。今、それを告発…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
芸能

石川さゆり「金と男」に翻弄された「怨歌人生」(2)紅白出場危機を乗り越えた

当時、石川は離婚後に世田谷区内に購入した110坪の土地に、鉄筋3階建の「さゆり御殿」を建設して住んでいたが、01年にはあえなく売却。バブル崩壊の余波もあり、不動産価格が大幅に下落している中で苦境に立たされていた。その後、石川は両親とともに賃…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
エンタメ

名古屋No.1クラブ嬢、売り上げ額が「極地的バブル時代」だった3日間

「エンリケ」の愛称で名古屋No.1クラブ嬢に君臨する小川えりの生誕祭が10月25日~27日の3日間で行われた。11月2日に誕生日を迎える前夜祭的な意味合いで行われたこのイベントの期間中、彼女のインスタグラムは1日に何度も更新がされ、シャンパ…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
社会

金融ブローカーが独占証言 裏社会と仮想通貨「資金洗浄・相場操作」(1)“ご本尊”と“提灯”を利用して

約580億円の資金流出で騒動となっている「仮想通貨」。しかし、その裏で裏社会がいち早く目をつけボロ儲けしていたというのだ。その実態を知るアジアを股にかけ活動している金融ブローカーが今、闇に包まれたベールの内側を初めて告白する。「仮想通貨と裏…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
エンタメ

「とりあえずって何ですか?」これがさとり世代?次世代部下の衝撃的発言集!

ゆとり教育を受けて育ち、良く言えば「堅実で高望みをしない」。悪く言えば「物事に欲も関心もなく、淡白」。無駄な努力や非効率を嫌う、悟りきったような価値観を持っている、いわゆる「さとり世代」。すっかりオヤジになってしまった「団塊ジュニア世代」に…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , , |
芸能

天才テリー伊藤対談「田原俊彦」(3)毎日がハロウィンパーティみたい

テリーとはいえ、いちばん調子がいい時でもあるんだから、そんな忙しい中でもずいぶん遊んだんでしょう?田原ちょっとテリーさん、何でここで急に目を輝かせてるんですか(笑)。テリー人間っておもしろいもんでさ、忙しいとよけいに遊びたくなるじゃない。俺…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
エンタメ

池井戸潤が最新作「アキラとあきら」を語り尽くした!(2)バブルの最中は両極端だった

そして、もうひとつのキーワードは、舞台となった時代。瑛と彬は、ともに1963年生まれの設定で、これは池井戸氏と同じである。彼らはバブル期の真っただ中に社会人となり、さらにはその崩壊の後始末を引き受けることになるよう運命づけられている。「子供…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , , |
芸能

不幸が似合う女優・木村多江が演じる“バブルの香り漂う女”にドキッ!

現在放送中のドラマ「4号警備」(NHK)で亡き父から譲り受けた警備会社の女社長・本田薫を演じている木村多江。“不幸が似合う女優”と呼ばれている木村だが、今作ではバブルの香り漂うわがままでちょっとはすっぱな女を好演している。「こうしたキャラク…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
社会

元「投資ジャーナル」会長・中江滋樹 兜町の風雲児の逆襲(2)黒田総裁の参謀は読み違えた

中江氏は日銀の政策について、次のように論じた。「マイナス金利の導入を決めたのは1月29日のことだった。黒田総裁はきっと3月くらいにやろうと思っていたのが、甘利事件が勃発して、それを吹き飛ばそうと安倍晋三総理と相談して導入を早めたと思うね。安…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

国家の品格・藤原正彦 戦後70年の“日本の品格”と“未来への提言”(1)「たかが経済」でしかない!

廃墟からみごとな復興を遂げたが、バブル崩壊後は「カネが全て」の社会になってしまった──。今年で戦後70年を迎える日本について、そう指摘するのは、ベストセラー「国家の品格」の著者・藤原正彦氏だ。年初にあたり藤原氏に、この70年の「日本の品格」…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

中国バブル崩壊で「壮絶デス・ババ抜き」が始まった!(3)残された方法は“共産主義革命”

では、中国のトップである習る習氏は何をしているのか──渡邉氏が明かす。「6月、習氏は自身の家族・親族に所有不動産の売却を命じました。汚職問題で、みずからが突っ込まれないために資産をきれいにしたということです。しかし、バブル崩壊のダメージを防…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |