沢田研二

芸能

「激太り」沢田研二がさらに激変で「渋くてカッコいい」「ガッカリ」の大激論!

歌手の沢田研二が、デビュー50周年を記念するライブツアーを7月16日からスタートさせた。ところが、ジュリーの容姿が激変していたため、ファンから悲鳴が上がっている。「ジュリーは数年前から激太りしています。それだけでもファンにはショッキングです…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

沢田研二が相模原殺傷事件の犯人と「ポケモンGO」を結びつけ非難が殺到!

7月27日、歌手の沢田研二が東京の東京国際フォーラムで全国ツアーをスタートさせた。まもなく70歳とは思えないエネルギッシュなステージに往年のファンが黄色い声を上げる一幕も。幸先のいいスタートと思いきや、裏ではジュリーの“迷走”が囁かれている…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(6)「<1975年9月26日・悪魔のようなあいつ>荒木一郎」

三億円事件の時効が迫った75年、そのドラマは始まった。沢田研二が犯人役で、職場の元上司に扮したのが当時32歳の荒木一郎だ。長らく封印されていた“幻のドラマ”には、どんなエピソードがあったのか──。沢田研二が歌う「時の過ぎゆくままに」に乗せ、…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

ゲス極の楽屋裏を訪れ…ベッキーが音楽番組で見せていた“恋する乙女顔”

人気バンド、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との熱愛報道があったタレントのベッキー。1月4日に川谷の実家から2人で出てくるところを週刊誌に直撃されたことが掲載され、契約中だった製薬会社のCMが差し替えになり、損害賠償へ発展するのではない…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

吉永小百合がタモリとの共演を30年拒み続けた理由(3)タモリの第一印象は悪かった

今回のテレビ共演は32年ぶりと報じられているが、その貴重な機会が82年の「今夜は最高!」(日本テレビ系)であった。1月2日は沢田研二を間に挟み、翌週の1月9日は作家の野坂昭如氏を挟む形でトークをしているが、沢田とのトークで“爆弾発言”が飛び…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , , , , , , , |
芸能

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第2回>「1978年~沢田研二VSピンクレディー~」(3)

「最優秀歌唱賞は‥‥沢田研二!」午後8時35分、その瞬間の沢田の表情を、筆者は奇異な感じにとらえていた。大賞に準じる栄誉でありながら、明らかに困惑した照れ笑いを浮かべている。「去年大きいヤツをもらって、やっぱり軽い感じがします。残念ですが、…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , , , , , , , |
芸能

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第2回>「1978年~沢田研二VSピンクレディー~」(2)

「デビューした76年に新人賞、翌年に大衆賞、そして3年目にレコード大賞を獲りに行こうと思ったよ」それがピンク・レディーを擁した「T&Cミュージック」の社長・貫泰夫の思惑だった。決しておおげさな表現ではなく、当時の歌謡界は“ピンク旋風”が吹き…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , |
芸能

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第2回>「1978年~沢田研二VSピンクレディー~」(1)

ただ歌うだけではない。どんな衣装で、どんな振付けで、どんな世界観を見せるのか──。日本の音楽史上、その命題に最も真剣に取り組んだのが1978年の「ジュリー」と「ピンク」だろう。史上初の2連覇を狙う沢田研二か? 怪物的な売上げを誇るピンク・レ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , , , , , , , , |
芸能

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第1回>「1972年~ちあきなおみVS小柳ルミ子~」(1)

「たかが歌」‥‥「されど歌」である。かつて、大みそかの茶の間は〈歌謡界の頂点〉に誰が立つのかと固唾を飲んで見守った。それは、1年の間に人々が流した汗や涙を昇華する儀式でもあった──。国民的ヒット曲が不在の今、かつて「日本レコード大賞」に命を…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , |
芸能

悪人はヒーローよりも魅力的存在

たった一人で原爆を作り上げ、国家権力を相手に荒唐無稽な要求を繰り広げる「太陽を盗んだ男」(79年・東宝)の沢田研二も、憎めない悪役の一人だ。「結局、原爆を持て余す様が、おちゃめでユーモラス。最後の菅原文太演じる刑事との駆け引きも、妙に笑いを…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , , |