芸能

清原和博 側近が頭を抱えた“絶叫錯乱”現場(2)警察を意識した暴言も…

20140828s

「都内の大学病院に通い、『治療』を受けるかたわら、東京・六本木にある『A』というサウナに頻繁に出入りしていましたが、最近は場所を移し、同じ六本木のサウナ『V』でたびたび目撃されています」

 引退後の清原氏を知る球界関係者は近況についてこう話すと、さらに内情を明かすのだった。

「ある時、こんなことがありました。清原氏の側近として身の回りの世話や運転手などをしている人物が困り果てて、一本の電話をかけたのです」

 側近は差し迫った口調でこう懇願したのだという。

「会長、もうダメです。キヨさんを助けてやってください!」

「会長」と呼びかけられたのは、闇社会と深いつながりのある大物金融ブローカーとして知られ、北朝鮮問題にも関わる人物。豊富な資金力を利用して、芸能人やスポーツ選手を支援する「タニマチ」としての活動もしている。球界にも複数の大物OB、解説者らに人脈を持ち、清原氏はそのうちの一人である。

 先の球界関係者によれば、側近は「会長」に、次のように打ち明けたという。

「(清原氏が)『オラー、テメー! 警視庁でもどこでもかかってこいや!』とか、『かかってこいよ、コラ! 警視庁でも捜査員でも呼んでこい!』と言って、部屋で暴れるんですよ。しまいには『お前、捜査員か。呼んでこい!』と訳のわからないことまで。どうも錯乱したような状態なのか、それとも何か幻覚でも見ているのか‥‥」

 常軌を逸したブッ飛びぶりである。

 薬物疑惑を報じた「週刊文春」は、「(清原氏は)覚醒剤などの禁断症状に苦しんでいる」と断じた。事実だとすれば、この絶叫錯乱は、まさにそれに当てはまる行状ではないかと疑ってしまうのだ。

 清原氏が「かかってこい!」と挑発した警視庁も、薬物疑惑には多少なりとも関心を寄せているようで、前述した六本木のサウナ「V」の程近くにあるクラブに出入りするなどの行動を確認している。この店で清原氏は、複数のさる広域組織幹部と酒を飲み、お気に入りのホステスを指名したという。

「例えば、その組織の人物経由で何か薬物を仕入れて使用している、ということでも確認できれば、捜査として動くこともありうるでしょうが、どうなのか‥‥」(警視庁関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 57616
    ストロングすぎる!?雨上がり決死隊・蛍原のおかっぱ頭に史上初の異変が!

    4月27日、「スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー」の記者発表会が開催され、CMでお馴染みの「雨上がり決死隊」の2人が

  2. 62097
    この3つがNG習慣!急速に増加中、目のピントが崩壊する「スマホ老眼」とは?

    近頃、ふとした瞬間に「あれ?目のピントがおかしいぞ…」。そんな感覚を持った人はいないだろうか?もしも、答えが「YES」で、さらにあなたが

  3. 58844
    夫の昔と今のギャップで離婚を考える妻も!小林製薬が発表した驚愕の調査結果

    インパクトのある商品名を付けることでお馴染みの小林製薬が「ナイシトール」発売10周年を記念して、「夫の昔と今のギャップに関する調査」を実

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみ、AAA浦田直也との抱擁キス写真公開に「話題作りに必死すぎ」と失笑
2
これがティファニーの接客?武井咲、主演ドラマの「ありえないタメ口」に批判殺到
3
安藤優子が大激怒!ミタパンが「仕事中にもポケモンGO」で視聴者からも非難殺到
4
信じられない!月9ドラマで桐谷美玲と三浦翔平の犯罪行為に視聴者ドン引き
5
小林麻央 海老蔵も許可?「VIP闘病」に古巣の日本テレビ「NEWS ZERO」が独占密着