芸能

清原和博 側近が頭を抱えた“絶叫錯乱”現場(2)警察を意識した暴言も…

20140828s

「都内の大学病院に通い、『治療』を受けるかたわら、東京・六本木にある『A』というサウナに頻繁に出入りしていましたが、最近は場所を移し、同じ六本木のサウナ『V』でたびたび目撃されています」

 引退後の清原氏を知る球界関係者は近況についてこう話すと、さらに内情を明かすのだった。

「ある時、こんなことがありました。清原氏の側近として身の回りの世話や運転手などをしている人物が困り果てて、一本の電話をかけたのです」

 側近は差し迫った口調でこう懇願したのだという。

「会長、もうダメです。キヨさんを助けてやってください!」

「会長」と呼びかけられたのは、闇社会と深いつながりのある大物金融ブローカーとして知られ、北朝鮮問題にも関わる人物。豊富な資金力を利用して、芸能人やスポーツ選手を支援する「タニマチ」としての活動もしている。球界にも複数の大物OB、解説者らに人脈を持ち、清原氏はそのうちの一人である。

 先の球界関係者によれば、側近は「会長」に、次のように打ち明けたという。

「(清原氏が)『オラー、テメー! 警視庁でもどこでもかかってこいや!』とか、『かかってこいよ、コラ! 警視庁でも捜査員でも呼んでこい!』と言って、部屋で暴れるんですよ。しまいには『お前、捜査員か。呼んでこい!』と訳のわからないことまで。どうも錯乱したような状態なのか、それとも何か幻覚でも見ているのか‥‥」

 常軌を逸したブッ飛びぶりである。

 薬物疑惑を報じた「週刊文春」は、「(清原氏は)覚醒剤などの禁断症状に苦しんでいる」と断じた。事実だとすれば、この絶叫錯乱は、まさにそれに当てはまる行状ではないかと疑ってしまうのだ。

 清原氏が「かかってこい!」と挑発した警視庁も、薬物疑惑には多少なりとも関心を寄せているようで、前述した六本木のサウナ「V」の程近くにあるクラブに出入りするなどの行動を確認している。この店で清原氏は、複数のさる広域組織幹部と酒を飲み、お気に入りのホステスを指名したという。

「例えば、その組織の人物経由で何か薬物を仕入れて使用している、ということでも確認できれば、捜査として動くこともありうるでしょうが、どうなのか‥‥」(警視庁関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「断られ続けて今月もお見合いゼロ!」婚活失敗の原因はココロの余裕の無さが生む“負のスパイラル”?

    Sponsored
    61944

    お見合い、合コン、友達の紹介など、これまでにも“出会い”はたくさんあったけど、なかなか結婚にまでは至らなかった‥‥そんな人は意外に多い。また「仕事尽くめで恋愛なんてしている暇がなかった」とか、長く付き合った彼女がいたものの、「価値観の相違か…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    洗っても気になるフケ…原因は頭皮の菌!? 対策には頭皮ケアが重要!

    Sponsored
    64427

    バーボン片手に、一人タバコをくゆらすダンディズム‥‥アサ芸世代が憧れた“オヤジ臭さ”といえば、そんなハードボイルドな後ろ姿だったかもしれない。それがいまや、孤独な男の背中からは「加齢臭」が漂い、肩には「フケ」が落ちてくる始末。こんな肩と背中…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    仕事終わりにとりあえずビール! 毎日飲み過ぎのあなたに

    Sponsored
    49459

    外回りの営業マンにとっては汗ダクダクの夏、こんな季節は仕事帰りのビールが最高ですよね。とはいえ飲み過ぎには要注意。翌日の重~い二日酔いで「仕事にならない‥‥」なんて経験、あなたにもあるのでは? そこで「二日酔いがひどい時の対応策」について、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原愛「“不肖の父”急逝でわかった“絶縁”までの親子修羅」
2
市川海老蔵が歌舞伎仲間にも明かさない小林麻央の「深刻病床」
3
服をずり下げられ“汚い胸”が丸見えに?田中みな実を襲った恐怖のロケ現場
4
「こち亀」終了を完全無視!香取慎吾がフィナーレに顔を出さなかった理由とは?
5
坂口杏里ネタでテレビ出演、何でもベラベラの重盛さと美に「同じ穴のムジナ」の烙印