社会

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.1(2)ミッチーご成婚に便乗“あやかり結婚”

2016_60th_b

 1959年、4月、皇太子明仁親王が正田美智子さんとご成婚、民間人で初めて皇太子妃になられた。そして国民から圧倒的人気を集め、ミッチー・ブームが起きた。

 しかもドミノ倒し効果か、前年の婚約発表以来、結婚したい男女が激増したのである。相手探しに悩む方の一助にと、高級な会員制クラブから街の結婚相談所まで大はやり。若い人ばかりでなく、中高年まで押しかけているというから驚く。

 アサヒ芸能1959年1月25日号では、大手町のホールで開かれたSソシアルクラブ結婚相談所で開かれた新年会を同行取材している。

〈「──私は永い間、海外の地で独身を続けてまいりました。日本へ“花嫁探し”に来たのは昨年9月のことでした。そして11月27日、皇太子妃決定を知ったとき、これは最大のヒットだと思いました。私は皇太子と正田美智子さんに限りなき感謝を捧げなければならないのかもしれません。そのニュースはひるみがちな私に勇気を与えたのですから……」〉と白髪の会社社長が、マイクの前でおだやかに語ったのだ。ミッチー・ブームの余波は意外なところに現れている。

●「ご清潔で、ご立派で、心から信頼でき、尊敬できる方です」が適齢期の女性の流行語になった。

●京都のあるパン屋さんは「当店では日清製粉のコナを使っております」黒墨で大書きして店頭に貼った。

●美智子さんの母校、聖心学園が人気になり。京都では「聖心に入れてやるから…」という裏口入学サギが現れた。

●「皇太子と同じ日に結婚したい」という男性が急増した。

 いやはや…。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
ラストアイドルの初ワンマンに「若いアイドルに見せるな!」との声が出るワケ
3
メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(1)羽生結弦をめぐる狂騒曲
4
小泉今日子「52歳の爛熟ボディ」に迫る!(1)酔うと潤んだ目でジッと見る
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?