芸能

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(2)平松愛理は乳がん闘病経験をもとに講演活動

「握手券」や「初回特典」がなくても、あっという間に100万枚を突破する大ヒットが続出した。CDを買ったらカラオケに直行させる原動力となったシンガーたちは今?

・矢井田瞳 代表曲「my sweet darlin’」(00年)

 ブレイク作の印象的なフレーズは「ダリダリ旋風」と呼ばれるほど耳に残った。ピーク時は東西のドーム球場を満杯にしたが、現在は関西中心にマイペースな活動を継続。

・田村直美 代表曲「ゆずれない願い」(94年)

 4人編成のバンド「PEARL」の解散後、ソロに転向。アニメ「魔法騎士レイアース」の主題歌がミリオンを記録し、紅白にも出場。近年はボイストレーナーとしても活動。

・小柳ゆき 代表曲「あなたのキスを数えましょう」(99年)

 圧倒的な歌唱力と楽曲の良さで、45週もチャートインするロングセラーを記録。ただ、そのせいで天狗になってしまい、干されることになったエピソードを近年は持ちネタに。

・My Little Lover(AKKO) 代表曲「Hello,Again~昔からある場所~」(95年)

 売れっ子音楽プロデューサー・小林武史を中心に結成され、ボーカルのAKKOは小林の妻に。2児をもうけたが、小林と一青窈の不貞を機に離婚し、14年に一般男性と再婚。

・平松愛理 代表曲「部屋とYシャツと私」(92年)

 79年の大ヒット曲「関白宣言」(さだまさし)のアンサーソングというアイデアが受け、こちらも大ヒット。その後、子宮内膜症や乳がんの闘病経験をもとに、講演活動も多い。

・川嶋あい 代表曲「明日への扉」(03年)

 路上ライブの評判から“天使の歌声”と絶賛され、「I WISH」名義で出した「明日への扉」はミリオンヒットに。ここ数年はマラソンを趣味にしており、4時間台で完走する。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    あなたも結婚できる!“人の手”にこだわった紹介サービスって?

    Sponsored
    52075

    話題の“こじらせ男子”というワケではない。40歳を過ぎてからというもの、職場でもそれなりの責任を任される立場にもなったし、性格だって明朗快活。それなのにナゼ、自分はこれまで結婚に縁がなかったんだろうか?旧友の「結婚しました!」という連絡を聞…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出張についてのアンケート

    Sponsored
    81003

    いつもアサ芸プラスをご愛読いただきありがとうございます。アサ芸プラスでは、今後出張に関する情報を提供させていただくにあたり、ユーザーの方の興味関心をアンケートでとらせていただいております。簡単な内容ですのでご協力よろしくお願いします。ご協力…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「夜中、頻繁に目覚めるのは危険?不整脈や動脈硬化を合併する可能性」

    83505

    「あなた、またなの?」で始まるテレビコマーシャルを目にしたことがないでしょうか。夜中、頻繁に目が覚める旦那さんに対して、横で寝ている奥さんが声をかける内容です。同じ布団で寝ているパートナーが頻繁に起きると「いいかげんにしてよ」と言いたくなり…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広でもリカバー不能?「音楽の日」で歌手LiSAを巡って大放送事故!
2
新垣結衣、共演女優が公開告発するも視聴者は全面支持したDL「裏切り行為」!
3
NMB48山本彩の名前を絶叫連呼!TBS音楽特番で中居正広も収拾不能の放送事故
4
藤井聡太四段、横綱白鵬に贈った扇子の「完売品とは揮毫が違う」レア度!
5
「激太り」沢田研二がさらに激変で「渋くてカッコいい」「ガッカリ」の大激論!