芸能

嵐・二宮和也が明かした自分に一生付いて回る「根深い悩み」とは?

 9月17日放送のラジオ番組「BAY STORM」(bayfm)で、MCの二宮和也が長年の悩みについて熱く語った。

 この日、バイト先で生徒の名前を読み上げる際、フリガナつきにもかかわらず読み間違えてしまったリスナーの失敗談を取り上げた二宮。リスナーは二宮恋しさのあまりか、「かずや」と読むべきところを二宮の下の名前と同じ読みの「かずなり」と読んでしまい、指摘されるまで全然気づかなったというものだ。日頃から名前の読み間違いで辛酸をなめ続けている二宮にとって、まさにツボに入ったメッセージだった。

「二宮は『かずやと読まれることはあっても、かずなりと(正しく)読まれることはなかなかない』と説明して、名前の読み間違いについては、『しょうがないこと』で『宿命だと思って』あきらめの心境だとブチまけていました。出演映画『母と暮せば』のクランクイン前のお祓いで間違えられた際は、主演の吉永小百合に謝罪に飛んでこられ、大層恐縮したそうです。二宮は間違い慣れしているため、それまで『名前なんてあってないようなもんだと思って生きてきた』が、平謝りされて考えが一変。『今後ちゃんと、そうやって(間違って)呼ばれたら、みずから直さなきゃなって、思うようになった』と語ってました」(芸能ライター)

 読み間違いは根深い問題と位置づけた二宮によれば、「一番難しいのは共演者に間違えられるパターン」とか。「共演者の大御所の人に、ナチュラルに間違えられるっていうのが一番訂正しづらい」と続け、「きちんと訂正しないとその人が恥かく」と逆に心配し、「間違えられて傷つく地獄と、それを訂正しないで怒られる地獄とどっちに転んでも地獄」と熱弁した。 

 実は二宮、苗字も書き間違いをされるそうで、“二”と“宮”の間に“ノ”が入って「二ノ宮」になっていることがあるという。これも「にのみや」には違いないが、二宮にとっては「にののみや」と読めてしまうのだ。「根深いよ。『にののみやかずや』だからね。ほんとに。どうしていいかわからなくなっちゃうよ」と結んだのだった。

「この番組の8月20日放送回では『電話で二宮と名乗ると、たいてい“梅宮”、時には“雨宮”と聞き間違いされてしまう』と嘆いてましたね。聞いていて、親からもらった大切な名前や先祖代々の苗字と両方読み違いされやすいなんて思ったより悩ましいものなんだなということがヒシヒシと伝わってきましたよ」(スポーツ紙記者)

 漢字文化の日本ならではのこの悩み。ニノという愛称がお気に入りなのは、そのせいなのかも。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「私にくわえさせると薬物に火を点け…」清水良太郎を通報した女性が告白
2
体操 田中理恵 「カメラマン」に対抗した仰天措置 「恥骨テーピング」で激写封じしていた
3
大竹しのぶ「男を吸い尽くす」魔性の手口(1)略奪婚で「泥棒猫」と罵倒された
4
元SMAP「72時間番組」で危ぶまれる「視聴不可能」の大トラブル!
5
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情