芸能

キングオブコント優勝「かまいたち」がブレイクする3つの鉄板理由

 10月1日に行われたコント日本一を決める「キングオブコント2017」でみごと王者に輝いた「かまいたち」。結成5カ月で準優勝した「にゃんこスター」に話題はさらわれたが、結成から13年、2年連続決勝進出の実力派が最後は栄冠を勝ち取った。

「関西ではテレビ・ラジオなどで8本のレギュラーを抱えている売れっ子。ネタが面白いのはもちろん、ロケやひな壇のフリートークもいけるので、関西では実力派として活躍しています。今回の優勝をきっかけに本人達も東京進出に意欲を見せていますよ」(番組関係者)

 しかし、彼らには、実は東京進出に失敗した苦い過去がある。

「08年にフジテレビが次世代の若手芸人を発掘すべく始めた番組で選抜メンバーに残り、09年コント番組『ふくらむスクラム!!』のレギュラーに選ばれた。ところが、人気が出ずに番組は打ち切り。そのせいで二の足を踏んでいる面もあります。また現実問題として、東京進出するためには関西の番組を降りなければなりません。今年2月に山内健司が、5月に濱家隆一と、ダブルで結婚していた2人にとっては、大きな賭けになりそうです」(事務所関係者)

 しかし、前回とは事情も異なり、“追い風”も吹いているという。

「漫才日本一を決める『M-1』で何度も決勝進出を果たしている『千鳥』は、今では東京進出を果たし売れっ子として活躍中。目標でありライバルでもある彼らが、いいお手本になるはず」(放送作家)

 さらにこのイベントを放送したTBSにも、大人の事情があるそうだ。

「今年で『キングオブコント』も10年目を迎えましたが、過去の優勝者では、5年前のバイきんぐを最後に売れっ子と呼べるコンビやグループが出ておらず、打ち切りすら囁かれています。TBSとしても、そろそろまた番組からスターを作りたいところ。かまいたちは、関西の実力者だけにいろいろバックアップすることを考えているようです」(前出・番組関係者)

 そこで真っ先に白羽の矢が立つとすれば、やはり第1回から番組にも深くかかわっているダウンタウンなのではないか。

「『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の企画ものであれば、すぐ使えるのでは。ボケ担当の山内はブサイク芸人ランキングをにぎわせましたし、濱家も元ヤン芸人として充分キャリアがありますから」(放送作家)

 事務所の大先輩であるダウンタウン、良いお手本の千鳥、さらにTBSの大人の事情もうまく作用して、かまいたちの全国区ブレイクも間違いなしか!?

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体操 田中理恵 「カメラマン」に対抗した仰天措置 「恥骨テーピング」で激写封じしていた
2
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
3
「美女タレントを射止めた芸人」になり損ねた残念オトコたち
4
「私にくわえさせると薬物に火を点け…」清水良太郎を通報した女性が告白
5
香取慎吾「仮装大賞」降板危機を救う萩本欽一の爆弾発言!