女子アナ

「サンジャポ途中退席」TBS吉田明世を潰しかねない“看板アナの重圧”

 10月29日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)の放送中、同局の吉田明世アナが体調不良のため退席した。

「ニュース原稿を読み出した際に急に、言葉がしどろもどろになり、隣にいた爆笑問題・田中裕二に介抱してもらって席に着きました。その直後VTRが始まり、数分放送されたのちCMへ。CMあけ、田中が、『(吉田アナは)気分が悪くなって退室しました』と伝えましたが、生放送中のトラブルに出演者はもちろん視聴者からも一様に心配の声があがりました」(芸能ライター)

 この後彼女は「貧血」だったことがわかり、局内で休ませたというが、SNS上では“ろれつ”が回らなくなったことから脳梗塞を疑う者、または妊娠しているのではないかと勘繰る者などさまざまいた。

 だが、どんな原因にせよ今、彼女が強制的に背負わされている、と言っても過言ではないのは、「看板アナウンサー」という肩書きだという。

「実は、現在、TBSには安住紳一郎アナ以外、人気アナが育っていないんです。安住の次に有名なのが『アッコにおまかせ!』で進行を務める国山ハセンアナや、『ひるおび!』の江藤愛アナ、ADから転身し、『王様のブランチ』に出演している笹川友里アナなどです。ですが、いずれも局の顔とは言いづらい。TBSとしては、彼女を何とか看板アナとしての役割をこなしてほしいという意向なんです」(放送作家)

 吉田アナは現在「サンジャポ」のほか、「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」、「ビビット」のコーナー進行役を月曜~金曜まで5日間担当、「有田哲平の夢なら醒めないで」、TBSラジオ「たまむすび」の月曜日パーソナリティーと週5本のレギュラーを務め、ほぼ毎日テレビ出演している。他局を見回してみてもここまでの仕事量をこなしている女子アナはいない。この多忙なスケジュールと「看板アナ」としてのプレッシャーは、退席事件の大きな要因なはずで、このままだと「彼女が潰れてしまいかねません」(前出・芸能ライター)という。局側も彼女の仕事を一度見直したほうがいいのではないだろうか。

「サンジャポ退席」から一夜明けた10月30日には、吉田アナは「ビビット」に出演。「すみませんでした。ご心配をお掛けしました。1日休みまして、しっかり回復しました」と謝罪と体調回復を報告していたが、くれぐれも無理しないでほしいものだ。

(魚住新司)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
2
羽生結弦のライバル、ネイサン・チェンが金メダルを取れない理由!
3
人気俳優、ファンとのバスツアー直前に「元アイドルと入浴」写真が大漏洩!
4
有賀さつき「52歳で急逝」までの過酷闘病の全貌とは?
5
オードリー春日の東大不合格でわかった田村淳の青学挑戦が「絶望的」なワケ!