芸能

石橋貴明の新番組、陰のMVPはミッツ・マングローブだった!

 とんねるず・石橋貴明の新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)が4月16日にスタート。初回放送ではかつて同局の「夕やけニャンニャン」で共演した工藤静香をゲストに迎え、1980年代のテレビ業界を懐かしんだ。今回の放送では「夕やけニャンニャン」をはじめ、80年台の芸能人水泳大会や歌番組のVTRが次々と登場。工藤が「おニャン子クラブ」に加入する前に所属していた「セブンティーンクラブ」時代のお宝映像も流れるなど、ノスタルジーにあふれる30分となった。

 放送前には「石橋にトーク番組が務まるのか?」という疑念の声も少なくなかったが、放送後には石橋が司会を務めていた音楽番組「うたばん」(TBS系)になぞらえ、「これは歌のない『うたばん』だ!」といった好意的な声も。その評価に貢献した要素についてテレビ誌のライターが指摘する。

「番組がうまく回っていたのは、石橋のサポートを務めるミッツ・マングローブのおかげでしょう。普段は辛口コメントの多いミッツですが、この番組では自分の主張は控えて進行役に徹することで、脱線しがちな石橋をうまくコントロールしていたようです。75年生まれのミッツは43歳で、56歳の石橋とはほぼ一回り違い。サポート役として老けすぎず若すぎず、85年スタートの『夕やけニャンニャン』もぎりぎりリアルタイムで観ていた世代なので、80年代に活躍した芸能人に話を合わせながらトークを引き出すにはピッタリです。しかも普段はその博識ぶりや英語に堪能なキャラでも知られますが、今回はあえてその面を抑えていたのも正解でしょう」

 そのミッツは今回、80年代に一世を風靡した「セーラーズ」のジャンパーで登場。セーラーズはおニャン子クラブの衣装に採用されたことがきっかけで人気が爆発したブランドで、それを若いアシスタントが着用していたらマネキン代わりにしかならないはずだ。それがミッツなら世代的に不自然さもなく、番組に彩りを与えることに成功していた。

「ミッツは183センチの長身で、普段は辛口コメントも相まって威圧的にさえ感じられることも。それがこの番組では石橋も182センチあるため、バランスが取れているのです。スタジオではラウンジ風の半円型ソファーに3人が並んで座る形になり、石橋とミッツの背丈がそろっていることも絵面の良さに繋がっていました」(前出・テレビ誌ライター)

 そんなミッツだが、今回の放送では工藤と石橋が盛り上がっていた“ヨンフォア”こと中型バイク「ホンダ CB400FOUR」の話題についていけない場面も。博識キャラながらバイクには弱いという意外な一面も見せていた。そんな場面でもトークの流れを切らずに進行していたあたりはさすが。今後もゲストに応じて流麗な仕切りぶりを発揮してくれそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)