スポーツ

大谷翔平「ビックリ奴隷契約」と「禁欲」生活(2)メジャーでも屈指の飛距離

 今や大谷は、自身が“最低保証の選手”などとは違うことを結果で証明して見せている。メジャーリーグに詳しい野球解説者の佐野慈紀氏も、この大活躍ぶりには脱帽する。

「投手・大谷の速球は確かに速いが、メジャーでは各地でマウンドやボールに違いがあり、最初は苦労するのではと懸念していました。田中将大(29)、ダルビッシュ有(31)でさえ、最初はコントロールに戸惑った。にもかかわらず、わずか2試合目であそこまで低めに球を集められるとは驚きました。そのうえ、あのスプリットが加われば、メジャーの強打者でも簡単には打ち込めない」

 とはいえ、オープン戦での大谷はまったくの別人。投手として2試合登板で自責点8と打ち込まれ、防御率27.00、打撃も打率1割2分と振るわなかった。

 いったい、この短期間での激変には何があったのか。

「大谷のピッチングは、ハイファストボールと低めのスプリットで高低に投げ分ける投球術です。160キロの浮き上がる軌道のフォーシームと、天井から落ちてくるようなスプリットが歯車のようにかみ合えば、三振がバタバタと取れる。ところがアリゾナのキャンプでは、空気が乾燥しているせいか、球が滑ってスピードは出ても回転のキレがなく、右打者の頭に行く投球がたくさん見られました。それがシーズン入りするとボールに指が引っかかり、フォーシームが安定した。相乗効果によってスプリットで三振を取れるようになったんです」(友成氏)

 佐野氏は投手・大谷の適応力にも注目する。

「確実にチャンスは与えられるはずなので、オープン戦の結果はそれほど気にしていませんでした。もともと対応力が高い選手ですし、メジャーのマウンドは日本より硬いので、足の長い投手の場合、リリース時に力が入って低めに落差のあるフォークが決まる。かつての野茂英雄(49)がデビューした時のフィーバーと重なります」

 打者としても3試合連続ホームランを含む活躍で、DHとして堂々たる成績を残している。

「ヒンスキー打撃コーチの助言もあり、足を高く上げるハイレッグキックからスリ足に変えた。メジャー投手は日本より平均スピードが5キロ速く、おまけに日本のようにテイクバックもなく上半身の力だけでズドンと投げる豪腕投手が多い。イチローが振り子打法を封印したのと同じ理屈です。シンカー系の沈むボールに対してゴロ打ばかりだったのが、球種を見極めてから打ち出すようになりました」(友成氏)

 一方、キャンプから大谷を見続けた関係者らは、公式戦の打席で躍動する姿を思い描いていたという。

「たとえオープン戦で結果が出なくても、実際に大谷のスイングを見ていた人たちは、のちの爆発を信じて疑わなかった。毎日のフリー打撃で、主力のプホルス(38)やトラウト(26)より飛ばしてチームメイトを納得させ、米国人記者にも『飛距離はメジャーでも5本の指に入る』と言わしめたんですからね」(メジャー中継関係者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
3
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」