芸能

同期芸人の助けも求めて…岡村隆史、女子レスラーとの「必死婚活」秘話!

“最後の大物独身”と呼ばれるお笑い芸人がいる。その筆頭格が志村けんであるのは言わずもがなで、明石家さんま、今田耕司、ナインティナイン・岡村隆史らがそれに続く。さんま以外は、結婚経験なし。独身のまま生涯を閉じるつもりはないようで、自分なりの婚活はしているそうだ。

 岡村の場合は、同期の博多大吉、関西の親友のへびいちご・高橋智、COWCOW・多田健二などから、独身女性を紹介してもらっているというが、それでも成就しないのは、四半世紀を超える芸能生活で目が肥えてしまったからだろうか。つい最近は20代美女との自宅お泊りを女性誌が報じたこともあった。

 数多くの“出会い”の中で最も印象深い話は、元女子プロレスラーがお見合い相手だった時だ。

「紹介したのは自身も格闘技経験がある、おやきくんです。彼は以前『タカダ・コーポレーション』というコンビを組んでいました。岡村さんほどの人ともなれば、忍耐強く・礼儀正しい女性がふさわしいのではないかと思い、レスラーの元気美佐恵さんと引き合わせたんです。自分より20センチも背が高い175センチの彼女に驚いた岡村さんは、プロレスに詳しい博多大吉さんを急きょ呼びだして、一緒に飲むことでその場をしのいだそうです」(芸能ライター)

 元気は井上京子が創設した団体でチャンピオンにまで上りつめた大型パワーファイター。引退している現在は、東京・飯田橋で「居酒屋ねばーぎぶあっぷ。」を経営している。

 そんな岡村の逆バージョンで、男性レスラーと合コンしたのは南海キャンディーズ・しずちゃんだ。

「女芸人が多めの合コンで、相手がプロレスラーだったんですって。テレビで観るような有名どころではなかったそうで、『今度、試合を観にきてよ』と誘われて、足を運んだら、マスクマンで誰が誰だかわからなかったとか(笑)」(前出・芸能ライター)

 結果的に岡村もしずちゃんも、未婚のまま。ゴールインは、夢のまた夢のようだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」