芸能

岡村隆史、最新出演映画に絡め記者から飛ばされた徳井問題の「エグイ質問」!

 ナインティナインの岡村隆史が、報道陣から責め立てられた経験をブチまけた。10月31日放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で明かしたものだが、それは、10月27日に岡村が堤真一とW主演を務める映画「決算!忠臣蔵」の完成披露試写会が行われた時のことだったという。

「岡村は中村義洋監督や主要キャストと舞台あいさつを行ったそうですが、吉本興業所属の売れっ子芸人である岡村のコメント欲しさに報道陣が殺到。映画は限られた予算内で仇討を果たそうとする赤穂浪士の奮闘を描いた時代劇コメディーで、金にまつわる内容であることから、お笑いコンビチュートリアル・徳井義実の『納税未申告問題』絡みの質問が相次いだそうです。徳井の問題に端を発し、自身の納税について聞かれたり、独身仲間の芸人で構成される『アローン会』のメンバーである徳井に絡めて会の今後について追及されたり…。とにかく手を替え、品を替え、痛くもない腹を探られることになりました。登壇前、関係者から映画のことだけをしゃべるよう念押しされたものの、想定外のツッコミが続出したんです」(ネットライター)

 映画宣伝で個別取材を受けた岡村は、そこでも徳井問題や闇営業など事務所にまつわる記者の質問が次々に飛び出したという。

「岡村が一番エグイ例としてあげたケースが『忠臣蔵のお話ですけども、忠臣蔵と言いますと、やっぱり忠誠心やと思うんですけども、吉本に対する忠誠心は?』と聞いた後に、社長や会長の名前を出して、『この方は、この忠臣蔵で言うと誰になります?』と徹底的に事務所絡みの話題を続けた猛者。岡村は『つかまったら言わなアカン』という姿勢のために、今後は『え?分かんないです、知らないです』『ちょっと分かんないですね』『ちゃんとやってます』『大丈夫です、はい』『今まで通りです』のパターンで何とか逃げ切る作戦であることを明かしていましたね」(芸能ライター)

 ラジオ番組では、徳井の問題について、みずから言及していた岡村だけに、一方的な言いっぱなしでは筋が通らないと、今後も追いかけられること必至の情勢だ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」