エンタメ

テレビコマーシャル50年 我が青春のCMヒロインたち(1)1000人アンケートでランキング 大原麗子の「なが~く愛して」にデレデレ 宮崎美子は「ピカピカに光って」輝いた!

「あの娘は誰だろう?」。たとえ、わずかな露出時間でも、強烈なインパクトを脳裏に焼き付けたCM美女たちは一気にスターダムに駆け上がっていった。俺たちがときめいた麗しき「15秒のシンデレラ」たち。その軌跡を濃厚プレイバック!
放送開始から50年余、番組の間に荒波のごとく我らの心を打ったあのCMガールズの面々。青春を彩った追憶のヒロインを一挙にランキングだ。

「当時は中学生ながら『かわいらしいオトナの女性だな』と思ったもの。もしかして、それが今の熟女好きの自分の原点だったかも」(44歳・食品会社)
「将来は絶対こんな嫁と結婚して長~く愛しちゃうぞと心に誓った(笑)。日曜の夜、このCMが流れると、これで休みも終わりか、と心でつぶやいたことを思い出します」(41歳・自営業)
 堂々1位、ぶっちぎりの得票数でオヤジ心を独占したのは大原麗子「サントリーレッド」。「すこし愛して、なが~く愛して」のキャッチフレーズも男心を酔わせた。
 昭和歌謡に造詣の深い音楽ライターの宝泉薫氏が解説する。
「まさに絶頂期に、かわいらしい瞬間の大原麗子を切り取ったCMと言えます。当時はトップ女優だっただけに、同時代で見ていた人にとってはもちろんですが、若い世代から見ても魅力的な女性に映りました。その後、彼女が不遇な生涯を送ったことを考えると、よけいにこのCMの美しさが浮き彫りになる、まさに殿堂入りCMと言えます」
続いて2位は、宮崎美子(52)のビキニ水着がピカピカに光ってたミノルタのCM。
「ビキニからこぼれんばかりの艶かしいボディと、周囲を見回しながら脱衣する宮崎美子があまりに鮮烈だった。のちに、あのムチムチ娘が熊本大の女子大生だとわかってモーレツに欲情してしまった」(48歳・工務店)
 同じく、往年の水着姿CM、夏目雅子「カネボウ化粧品 クッキーフェイス」が、第3位に続けてランクインした。
「当時は健康美の象徴だった小麦色の肌の代名詞といえば、このCMでしょう。バックに流れていた彼女の歌う『クッキーフェイス』のCMソングも甘い歌声もかわいらしかったデス」(54歳・公務員)
 いずれも、70年代後半から80年代初頭にかけての名作ばかりが上位を占める結果に。
「大好きな70年代80年初期の作品だけに、皆さんハッキリ覚えているとは思えないが、憧れの女優、大好きな歌手よりもCMにイメージが特化している女性がランクされたと言えます」(前出・宝泉氏)
 4位は突如、平成の作品が大躍進。「とにかく動きと表情がかわいい」(43歳・理髪店)
 と、新垣結衣ポッキーダンスで強烈なインパクトを与えた。さらに、5位はちょい懐かしめの飯島直子ジョージアが選出
「癒やしクイーンといえば直ちゃんしかいないでしょ。直ちゃんが着ていた〝やすらぎパーカー"が欲しくって、ゴミ箱の空き缶を探したほど」(49歳・飲食店)
 バブル崩壊後のお疲れ時代には、直ちゃんから「ひと休み、ひと休み」と、ささやかれるだけで心がなごんだものだった。前出・宝泉氏が締めくくる。
「新垣にしても飯島にしても、ドラマや映画ではなく、CMで本領を発揮するタイプだと言えます。その意味では、ランク下位ながらしば漬け美女の山口美江や、『脱いでもすごいんです』の北浦共笑などは、CMが自身の代表作とも言えるだけに、〝一発屋"として永遠にCMアイドルの殿堂に刻まれるでしょう」
 何だか、しば漬け食べた~い気分(笑)

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線