芸能

“笑いの天才”松本人志がバラされた「ダダすべりしていたオヤジギャグ」!

 ひとたび口を開けば、ドカンドカンと爆笑を巻き起こす笑いの天才だったはずのダウンタウンの松本人志が、“裸の王様”なっていた!?しょうもないオヤジギャグを連発しては、居合わせたお笑い芸人たちをシラケさせる常習者と化していたのだ。

「禁断の身内ネタ」をバラしたのは、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之。10月30日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)で、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬ら相手にぶっちゃけたのだ。

「宮迫は、まず、自分の話として、年齢を重ねてくると、知らず知らずのうちに、オヤジギャグが口をついて出るようになったことを打ち明けた。しかしその理由を聞かれると『もうわからん。(おもしろいかどうかを判別する)フィルターがバカになってんねん』とサジを投げてしまっていました。すると小沢が昔、松本から聞いた話として『オヤジギャグなんか存在しなくて、間がオヤジになるから寒く感じる』とそのワケを説明していたんですが…」(ネットライター)

 するとここで宮迫は、「身近な例」として、その松本が常習的に発している「オヤジギャグ」を披露。何でも、松本に「宮迫、明日何時?」と聞かれ、「大阪前乗りです」と答えると、必ず、「マイノリティ・リポート?」と言って笑わせようとするというのだ。ちなみに、東京ダイナマイトの松田大輔は、「別件で…」と話しかけると、「ベッケンバウアー?」と毎度反応することも付け加えていた。

「松本はすでに55歳のベテラン。自分に意見してくれる先輩も周りにはいなくなってきています。実際本業でも、自分で笑わせることを放棄して、最近はバラエティ番組のMCやお笑い番組の審査員、コメンテーターでお茶を濁している。地上波でのお笑いに限界を感じていることを口にして、インターネット配信の動画で芸人仲間を集めてはお笑いのプロデュースをしてばかりいるのも、見方を変えれば、自分で笑いを取りに行けないということでしょう。そうなれば、ギャグのセンスや間合いのとりかたなど、サビついてくるのも当然でしょう。オンエア中のトークではないにしても、オヤジギャグを何度も繰り返し、誰も聞き飽きて常にスルーされている状態というのはまさにそこらへんにいるオヤジと同じですよ」(芸能ライター)

 誰か勇気を持って松本が「裸の王様」にならないように、彼に面と向かって注意してあげてはどうか。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
広瀬アリス 妹すず似のショートカットよりも目立った“ガタイ”のよさ!
4
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!
5
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?