芸能

「イッテQ!」のお祭りでっち上げ疑惑に日本テレビが案外“動じない”ワケ

 日本テレビの人気番組「世界の果てまでイッテQ!」に激震だ。5月20日に放送された「橋祭りinラオス」がヤラセであると、11月8日発売の「週刊文春」が報じたもの。記事によると現地には同様の祭りは存在せず、日本テレビ側の仕込みで開催。参加者に番組側から賞金を支払ったと報じている。

 これに対して日本テレビでは即座に反論。番組側による仕込みはないと否定したうえで、同種の祭りは東南アジアでは人気があるものの、紹介した村ではこれまでに開催実績がなく、それを以前から開催していたように放送した点については反省の意を示している。

「ネット上の声を拾うと日本テレビ側の説明を信じている人は少なく、ヤラセがあったとの記事を信頼している人が多いようです。これまでも宮川大輔が出演する名物企画『世界で一番盛り上がるのは何祭り?』では世界中の様々な祭りを紹介してきましたが、そのほとんどが見たことも聞いたこともないような祭りばかり。しかもカメラは宮川ら出演者の様子を常にベストポジションで映しており、他国の祭りをそんなに都合よく取材できるものかと疑問は尽きません。とはいえ日本テレビ側としても『ヤラセでした』と認めるわけにはいきませんし、反省を示すことで逃げ切るつもりかもしれませんね」(テレビ誌のライター)

 テレビ業界ではこれまで「発掘!あるある大事典」(フジテレビ系)や「アフタヌーンショー」(テレビ朝日系)など、ヤラセをきっかけで番組が打ち切りになった例は少なくない。そうなると、ヤラセ疑惑が払拭できたとは言えない「イッテQ!」の今後はどうなるのか。テレビ誌のライターが続ける。

「ハッキリ言って影響は皆無でしょう。この『イッテQ!』は旅番組の体を取ってはいるものの、訪問先の具体的な地名が紹介されることがほとんどなく、施設名すら紹介しないこともあるほど。現地へのアクセス手段が明かされることもなく、視聴者が番組で見た場所に行きたいと思っても、手掛かりすらないというケースも珍しくありません。つまり『イッテQ!』はドキュメンタリーや紀行番組ではなく、番組のサブタイトルにも、いみじくも『謎とき冒険バラエティー』とうたっている通り、海外を舞台にした“バラエティ”番組なのです。それゆえ視聴者も『本当にこんな祭りがあるのか』なんてことは気にしておらず、むしろ宮川や手越祐也らがどれほどおもしろいリアクションを取るかが注目のマトなんです。今回の件で宮川の祭り企画がしばらくお休みになる可能性はあるかもしれませんが、『イッテQ!』自体の人気には何ら変化はないはずですよ」

 どうやら視聴者にとっての心配は、宮川の出番が減ってしまうのではという点だけになりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察