芸能

「イッテQ!」のヤラセ騒動が“お祭り男”宮川大輔の追い風になるって!?

 人気バラエティ番組の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に逆風が吹いている。同番組の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」において、実際には存在しないお祭りをでっち上げたと週刊文春がスクープ。ラオスの橋祭りに続いて、11月15日発売号ではタイのカリフラワー祭りもヤラセだったと報じられ、祭り企画の存続に赤信号が灯った。そして11月17日放送回では冒頭でのお詫びコメントとともに、祭り企画の当面の休止が発表されたのだった。

 その祭り企画では“お祭り男”ことお笑い芸人の宮川大輔が中心的な役割を果たしているが、このままだと宮川の「イッテQ!」出演自体もなくなりそうな勢い。それゆえ今回のヤラセ疑惑が宮川にとっては逆風になっているかと思いきや、実際にはむしろ追い風になる可能性すら秘めているという。芸能記者がささやく。

「確かに今回の件で“お祭り男”の役目は終わったも同然でしょう。ただ、宮川にとって『イッテQ!』出演は、人気番組のレギュラーというメリットがある一方で、海外ロケで大幅にスケジュールが拘束されるというデメリットもありました。それゆえ『イッテQ!』から外れることは、仕事の幅を広げるチャンスにもなるのです」

 その場合、宮川にはぜひチャレンジしたい分野があるというのだ。芸能記者が続ける。

「彼はもともと役者志望で、高校を卒業してNSC大阪校に入学したのも役者の養成コースがあると思っていたから。芸人になってからも20作ほどのドラマに出演しており、2013年には『お助け屋☆陣八』(日本テレビ系)で連ドラ初主演も果たしています。そして今回、日テレの事情により『イッテQ!』のレギュラーを外れるのであれば、そのお詫びとして深夜ドラマの主演といったポジションが用意される可能性もありそうです。もとより主演作の『お助け屋☆陣八』では所属事務所の吉本興業が制作に関わっており、日テレとしても吉本にドラマ制作を発注すれば今回の件で筋を通すことが可能。災い転じて福となす、ということになるかもしれません」

 宮川はこの4月期に放送されたドラマ「崖っぷちホテル!」にも出演しており、その制作局も日テレだった。どうやら日テレと宮川の蜜月関係は、今後も続いていくのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!
4
観月ありさが船越英一郎を“公開処刑”!顔の大きさがこんなに違うなんて…
5
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?