スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「アッフィラートの末脚炸裂」

 中山競馬は日曜日に重賞がなく、中山牝馬Sが土曜日のメインとして行われる。4歳上の牝馬によるハンデGIII戦。よく荒れるレースとして知られる。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの16年間、その馬単による万馬券は7回(馬連では5回)。この間、1番人気馬は3勝(2着2回)、2番人気での勝ち馬はおらず、2着が3回。1、2番人気馬のワンツー決着はわずか1回のみだ。簡単に人気サイドで決まらないことがわかる。

 今年もクセ者ぞろい。ハンデ戦でもあり、目移りするばかりだ。

 ミッキーチャームを筆頭に、ここを最後に繁殖入りするワンブレスアウェイ、愛知杯上位組のノームコア、ランドネ、ウラヌスチャーム、そしてフロンテアクイーンといったところが人気を分け合うのだろうが、こうした有力馬同士で決まるとは思いがたい。

 コーナーが4つある小回りコースでの競馬。先行馬が有利とされるが、クロコスミア、エイシンティンクル、人気のミッキーチャーム、ランドネと、ハナが理想の馬がそろっており、はたして「行った、行った」で決まるか、どうか。たぶんに疑わしいところがある。

 ペースはそう緩くはなるまい。ならば軽ハンデ馬の差し馬に目をつけてみた。大きく狙ってみたいのは、アッフィラートである。

 まだ準オープン馬(1600万条件)。除外されるおそれもなく、荒れることが多い重賞である以上、思い切っていきたい。

 とにかく状態がいいのだ。ここ目標に丹念に乗り込まれており、1週前の追い切りも軽快かつリズミカル。文句なしだった。

「なんとか出走させたい。これまでになく状態がよく、充実ぶりが目立つ」

 と、藤原英調教師をはじめ、厩舎関係者は口をそろえる。ならばチャンスは十分。期待していいのではないか。

 軽ハンデ馬が人気勢の足をすくうケースが多い重賞でもあり、この馬のハンデは恐らく51~52キロ。勝ち味に遅い面はあるが、この軽ハンデをもってすれば、身上である強烈な末脚が爆発して何の不思議もない。ましてや逃げ、先行馬がそろい、ペースが速くなるのであれば、この馬にとっては願ってもない流れである。

 ソヴィエトスター(仏2000ギニー、ムーランドロンシャン賞などGI5勝)ほか近親、一族に活躍馬が多くいる良血。一発があっていい。

 中京での金鯱賞は、先の中山記念と同じく、GI大阪杯の前哨戦(1着馬に優先出走権)。顔ぶれがとにかくよく、GI馬が5頭出走する豪華版だ。

 ただ、そうした有力どころは、いずれもひと息入ったあとの一戦で、余裕残しの状態の馬が多い。ならば格下とみられる馬で勝負になっていい。

 最も期待を寄せたいのはムイトオブリガードだ。

 前走の日経新春杯は、2番人気に支持されながら6着と期待を裏切った。しかしこれは、冬場でひと息入ったあとの一戦。体重が前々走比で14キロも重かった。これではしまいの反応が鈍くなるのもやむをえまい。それでも勝ち馬との差はコンマ4秒。挽回は十分可能である。

 この中間は、使われたことで動きに素軽さが出て、実にいい雰囲気。1週前の追い切りでは、迫力ある動きを見せていた。ならば好勝負になっていい。

 祖母はマイルCSを制した女傑シンコウラブリイで、こちらも近親、一族に活躍馬がズラリといる良血。中京は初めてだが、左回りがスムーズで、しまいがしっかりしている馬。この舞台が合わないわけはない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?
2
すごいボリューム!有村架純、まさかの「バストサイズアップ姿」公開に騒然
3
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
4
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
5
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!