芸能

北川景子、「家売るオンナに続編の予感」の裏で囁かれる「リアルに妊娠」説!

 3月13日放送の「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)の最終話・第10話の平均視聴率は12.6%。10話すべてを通して10%を超えており、今期のドラマ陣の中では最も数字を稼いだドラマのひとつとなった。

 最終話は、舘ひろしが、北川景子扮する主人公・三軒屋万智が勤める「テーコー不動産」の社長役として出演することで話題になっていた。視聴者からは〈相変わらずダンディな舘さん〉〈舘ひろしさんのソファに座ったポジションがあのルーペかと思った〉といった意味合いの声がネット上では見られた。

 さらに、全話通じて主役の北川を始め役者陣の息の合った掛け合いが好まれていたようだが、同性好きの家探しの難しさや、少子高齢化の問題、働き方改革などなど、脚本家・大石静氏が現代における社会問題や人にはなかなか話せない家探しでの裏の部分をうまくあぶり出し、かつコミカルに演出する展開に対しても反響が大きかった。

「視聴者も指摘していますが、『家売るオンナ』前作に比べて『逆襲』では北川の様々な表情がみられたことが高視聴率につながったようです。また、同じ時期に放送されていた同じ日テレの『3年A組』のヒットにもみられるように、プロデューサーや脚本家が自由にのびのびとドラマを作っている感じが視聴者にも伝わっているようで、スタッフ陣へ称賛の声も多いですね」(芸能記者)

 物語の終盤では、三軒屋が、テーコー不動産の社長に就任し夫の屋代(仲村トオル)も部長へ昇進。さらにプライベートでは「(妻が)妊娠した」、というエピソードを屋代が嬉しそうに話すシーンもあった。

「このあたりのほのぼのしたラストも、視聴者からは、《三軒屋チルドレンでシーズン3いけるよな》《お母さんサンチーも観たいのでSPと続編希望!》といった声や、女優・北川のプライベートと重ねるように、《近々リアル北川チルドレンの発表とかあるんじゃ…》《うちの母が北川さん本当に妊娠してるんじゃない?と言ってる。前より顔が優しくなったし少しお尻が大きくなったような、、って。どうなんだろー》なんて声もありましたね」(前出・芸能記者)

 さらなるシリーズ化への雰囲気づくりも万全のうちに最終回を終えた「家売るオンナの逆襲」。“伝説の不動産屋”の平成最後の大暴れは、来る新元号の時代でも復活する可能性大のようだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…